のびのびこども園

ブログ

2021年1月13日

だ・れ・が・お・に・じゃ・な・い・か・な

それ!逃げろ

お・に・ぎ・め 

お・に・ぎ・め 

だ・れ・が お・に・じゃ 

「な・い・か・な」

 

のびのびこども園の子どもたちはこうやって鬼ごっこの鬼を決めます。一人ひとりが足を出し、「親」が足を順番に指差し、お鬼じゃないに当たった子どもから抜けていき、最後に残った子どもが鬼です。

 

とっても非効率

 

教頭の就任した十数年前から見られていて、ここの地域で古くから伝わっている決め方かなと思いきや、母親世代の人に聞いても「覚えていないなあ」との答えでした。小学校低学年はやっています。いつどこで発生したかは不明。

 

でも、とてもやさしい方法です。

 

だ・れ・が・お・に・か・な

で決めると、あっという間に鬼が決まり、すぐにゲームが開始されます。「だれがおにじゃないかな」だと時間はかかりますが、「ため」が生まれ、一緒に遊ぶ心の準備ができるのです。特にルールのある遊びに目覚め始めた小さい学年にとっては役立つステップと言えましょう。

 

だれが鬼じゃないかな

ひよこ組が真似して鬼決めをしています。一対一対応を理解していないので、跳ばしたり何度も同じ足を指さしたりして、とても適当です(笑)。でも、なんとか鬼が決まり、鬼ごっこがスタートします。

わー、鬼だ

 

 

最近、自然発生的に学年をまたいで遊ぶ姿が見られるようになってきました。小さい組は大きい組の子の遊び方に刺激され、全てわからないまでも一緒にに参加します。大きい組は小さい組がわからずにしていることも大目にみながら合わせつつ自分たちも楽しんで遊びます。こうして、ともに遊ぶ力が培われていきます。大人が仕切る必要なし^^

 

明日もいっぱい遊ぼうね。遊びは学び。

2021年1月7日

どんな子もいい子

サンタクロース登場

 

年末のお話です。12月17日にクリスマス会を行いました。

 

クリスマスは、キリスト教の園では特別なイベントであり、生誕劇を演じたり讃美歌を歌ったりして厳かに過ごすそうです。

 

特に宗教的立場のないのびのびこども園は、どうとらえるのか?ただのお祭り騒ぎでいいのか、というのはかねてより疑問にあり、考え抜いたことがありました。

 

結論。子どもの福祉の行事として扱う。

 

児童は、人として尊ばれる。

児童は、社会の一員として重んぜられる。

児童は、よい環境の中で育てられる。

児童憲章より※1

 

児童憲章は昭和26年に国が制定しています。長い歴史があるんですね。かんたんに言うと、「すべての子どもは尊重され大切にされる」ということです。子どもの施設は忘れないようにしておきたい精神です。

 

子どもはみないい子になりたいのですが、大人は「○○だからいい子」「○○したらいい子」という言葉を使いがちではありませんか?児童憲章の根底にあるのは、どんなこどももいい子で大切にされる、ということです。

 

この感覚は、人が生きていくうえで大切なことです。自分は無条件で受容されているという経験があると、子どものストレスへの抵抗力がおおいに増すという研究報告があります。※2 遠い国からトナカイに乗ってこども園まで来て全ての子どもにプレゼントをくれるサンタクロースはその象徴ではないでしょうか。こうした意味で「サンタさんから存在を祝福された」と感じる経験ができる行事なら、素敵だなあ、よし、そうしようとなったのでした。

 

クリスマス会では、まず、異年齢のペアでダンスを踊ります。今年は一曲だけ。

ペアでダンスを踊ります

 

その後、音響・照明の演出でドラマチックにサンタクロース登場。質問コーナー。「サンタさんは、おもちゃをどこでつくっているんですか。」「サンタさんはいいことをしているのに何でこっそりプレゼントをこっそり置いていくんですか」年長になると、サンタクロースがいるかどうかは半信半疑です。しかし、大人として真剣に受け止め、返事をします。

園長先生がサンタさんの言葉を通訳して伝えてくれます。 今年の代表3人。上手に質問できました。

 

最後に1人ひとりプレゼントをいただき(クリスマスブーツのお菓子)

ありがとう。楽しみにしていたの

 

鈴の音とともにサンタさんは去っていったのでした……

 

会が終わって、目が合ったきりん組のMちゃは夢から覚めたように「楽しかった」とにっこり笑いました。

 

子どもの夢を守り、「あなたたちが大切だ」というメッセージを送るクリスマス会。また来年もサンタクロースに来てもらいましょう。こども時代の幸せを感じる会にしましょう。

 

※1児童憲章 https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/004/siryo/attach/1298450.htm

※2無条件の肯定の研究 https://www.blog.crn.or.jp/chief2/01/15.html  

 

2020年12月16日

もちつき、年末の行事ですね

今年もお父さんが応援に

 

もちつきは、歳神様を迎える鏡餅を作るために行います。数千年の稲作の歴史がある日本で、餅は特別な行事に用意される大切な食べ物です。今では切り餅が一年中売られていますが、のびのびの餅つきはやはり年末のスペシャル行事であり、つきたて餅を食するまたとない機会であります。

 

コロナ渦で会食こそ取り止めにしましたが、今年も保護者にお手伝いいただき餅つきが行われました。

 

餅切り機、いい仕事してくれる

 

室内も、まど開け放しのすーすーする状態でしたが、みなさんてきぱきと動いてくださり、スムーズに行われました。

 

三種類のおもち。みなさんはどれが好きですか?先生の中には具だくさん汁にお餅が入っていてお雑煮風の人もいたとか?!(12月10日「今日の給食」もご覧ください。)

あんこ餅 からみ餅 きなこ餅

 

3歳児のうちはきなこが人気。おおきくなるにつれてからみ(大根)を好む子どもが増えます。2歳児以下のお子さんは、ほんの小さくして味見します。

 

餅は油断して食べると危ないので、ちょうどよい量をかじりとってよく噛むように伝えています。一生懸命噛む中には「おいしいけれど疲れたw」という子どもも……。そうそう、よく噛んであごを鍛えよう。ん?もちってそういう食べ物でしたっけ?^^ おいしくてよかった。

 

2020年12月16日

あおいそらにえをかこう

大きな大きな船

 

年長きりん組の「歌」は発表会の華と位置付けています。入園した頃を思い出して、成長した姿を見てもらうのです。幕が開いたまま入退場し、歌っている姿勢や態度にも注目してもらいます。

 

こうした姿が見せられるのは、6歳という世界的にも就学に適した年齢と言われる発達状態にあるからですが、子どもたちの意識が育っているからに他なりません。

 

「自分たちは、この園で最上学年で代表する立場にある。」硬くいうとそういうことなのですが、これは結果としてそうなるのであって、「年長だからしっかりしなさい、我慢しなさい、頑張りなさい」と言い続けてやらせてきたからではありません。

 

少し頑張ればできることをたくさんして、取り組む姿勢やできた姿を認められる。自己肯定感や自己効力感を十分感じ取りながらこども園での時間を重ねてきた子どもは、自信に満ち内面が姿にも表れます。(逆をいえば、そうした子どもを育てる責任が私たち保育者には求められているということです。今、襟を正しました(汗)。)きりん組の歌を聞いて涙を流す保護者も少なくありません。

 

 

ところで、「あおいそらにえをかこう」にはエピソードがあります。

 

今年の年長きりん組担任の近藤先生は、採用試験でこの曲をピアノで弾きました。約10年前です。この曲の伴奏は難しく、演奏に自信がある人がチャレンジすることが多いです。ピアノ伴奏曲の難易度は採否にはほとんど影響しないのですが、まだ大学生だった近藤先生が試験でこの曲を弾くのはプレッシャーがあっただろうな、と想像します。そして、みごと合格。

 

それから幾年月、3年間持ち上がりの学年の卒園の年の発表会にこの曲を選ぶ…この日のために、20歳の近藤歩さんはピアノの練習をしていたのかもしれないなあ、と縁(えにし)を感慨深く思う教頭でした。三学期、充実したしめくくりの時になりますように。

 

あおいそらに えをかこう

大きな 大きな ふね

あのふねにのって 出発だ

ぼくらの島へ

明日は 明日は

明日は ぼくらの世界だ

明日は 明日は

ぼくらの世界だ

 

白い雲のマストには

いっぱい いっぱい 風

飛行機雲の かじとって

ぼくらの島へ

明日は 明日は

明日は ぼくらの世界だ

明日は 明日は

ぼくらの世界だ

 

星のランプに 灯がともる

小さな 小さな夢

流れ星を 追いかけて

もうすぐ明日へ

ぼくらの ぼくらの

ぼくらの 世界に到着だ

ぼくらの ぼくらの

世界に到着だ

2020年12月15日

ちょっとへんでも大丈夫なの

うらしまたろうエンディング

 

12月4日、生活発表会が無事終了しました。

当日は演目ごとの換気、父母のみの観覧とご協力をいただきありがとうございました。来年も同じような開催になるでしょうか。一日も早く日常がもどることを願っています。

 

そのような中でも、子どもたちは生活発表会の活動の中で成長してきました。報告します。

 

うさぎ組の劇「ブレーメンの音楽隊」でのことです。ある子どもが、本番にセリフを間違えてしまいました。先生は焦って、幕袖から「(Xくん、親分のセリフだよ!)」と小声で必死に話しかけるのですが、Xくんには届きません。ところが、周りの子どもたちは変だな、とおもいつつも自然に次のセリフにつないでいったのです。そのシーンは無事に成り立っていきました。

 

アドリブで乗り切っちゃった?

 

いえいえ、これは劇が子どものものになっている証拠です。完璧な筋書き、一言も間違えてはいけないセリフを覚えこむ劇ではこうはいきません。

 

まだまだなりきって遊ぶぞ

この写真をご覧ください。発表会が終わって一週間もたっているのに、大勢の子どもたちが廊下で劇ごっこをしています。本番ではできなかった役をやったり、音楽をかける役や先生がやっていた合図のタンブリンをたたく役の子どもが出てきたりして、今では子どもたちだけで劇を進めているのです。

 

先生も加わって遊びながらみんなで作ってきた劇だから、遊びの時は少しぐらい間違っても変でもおもしろがって進めてきたから、本番でセリフが違ってもだれも動揺しないのです。それが子どもの「生活」の様子をお見せする「発表会」です。

 

ごしごしきゅっきゅっ

ひよこ組の劇「もりのおふろ」は、動物たちが温泉に入るお話です。

 

砂場でつくるもりのおふろ

11月の様子。砂場で穴を掘って水をためて、お風呂づくり。こんなところからもイメージが繋がって深まっていきます。

 

世の中に出て、筋書き通りにいくことは稀です。そんな時、思ったことと少しちがっても自分の経験をもとに何とか乗り切っていかなくてはならないではないですか。そのためには、「こうでなくてはだめ」ではなく、これもアリかな、やってみたら大丈夫だ、という経験をたくさん積むことがよいのではないかと思うのです。

 

結果的にひよこ、うさぎ、きりんともにたいへんいい劇になりました。仲間と協力しあい、物語を楽しみ、自分らしく表現できる劇、なんて楽しいんでしょう。この行事を経て、三学期の学級は学年ごとに熟したものになっていきます。

 

2020年10月27日

むし歯予防教室

6さいきゅうしはおとなのは

 

例年むし歯予防教室は年長きりん組の保護者をお呼びし、歯科衛生士さんから6歳臼歯の話を聞き、歯垢染め出しをして歯ブラシを使って実際に歯の磨き方を学びます。

 

10月26日、今年はコロナウィルス感染予防のため、お話だけになってしまいましたが、とてもためになりましたので報告します。

 

①6歳頃奥に生えてくる6歳臼歯は永久歯で、磨き方にコツがあります。それはエッヘン磨きです。

むし歯予防教室のキャラクター:けんちゃん

 

②よく噛むことは大切です。唾液がたくさん出てむし歯になりにくくなります。

③むし歯になりやすいおやつとなりにくいおやつがあるので覚えましょう。

④むし歯じゃなくても歯医者さんに行ってもいいんだよ。汚れを落としてフッ素を塗ってもらおう。

 

今年の虫歯予防教室は保育室で

歯科衛生士さんはお話が上手で、みんな集中してよく聞いていました。こうした知識はあるのとないのとでは大違い。意識して守ることで、健康な歯を保てます。

 

きりん組の保護者には、お話の要点が書かれたお便りが配られました。むし歯にならない健やかな成長が園の願いです。

2020年10月27日

アフォーダンス理論(?)をとりいれたがまん遊び

つい押したくなるくん

 

ノーマンのアフォーダンス理論は、過去の体験をもとに特定の条件で特定の行動が結びつけられる効果のことを言います。

 

ん、難しいですね。

 

ボタンがあると、押せば何かが起こることを知っているから押したくなる、というようなことです。

 

先日の雨の日ひよこ組に入ったら、ブロックのカゴに刺さったままの人型ブロックがあり、子どもたちが一生懸命取ろうとしていました。ななめに刺さってなかなか取れないのですが、ままごとの包丁を使ったりブロックで作ったハンマーでたたいたりして、何とか取ることができました。

 

そして、取れたブロックをもう一回カゴの隙間にはめようとしたら、あら、ぽろんと向こう側に落ちてしまいました。

 

そこでブロックに台を付け隙間にはめたら↑、留まります。たくさん作ってはめてみるとこんな感じ。

にょこにょこっと出てくるよ

 

出てきたものは押したくなりませんか?出っぱったものは押せる、押すと向こうにばらばら落ちる。落ちるとスカッとする=やったー!な感じがする。シンプルな自己効力感を味わうわけです。黄色ブロックを押したくなるのはアフォーダンス理論に裏付けされると言えるでしょう!!!!!!

 

というわけで、反対側からブロック人が一人出てきたとたん、押して落とそうとするメンズAくん、Gくん、Rくん。ちょっと待って!一個出てきたからといって片っ端から落としてしまったら、はめるほうもやりにくいし、いっぺんにばらばら落とす醍醐味も味わえない。そうしたら、後ろの方で見ていたYくんが「もういいか~い?」とはめる側の友達に声をかけました。

 

するとカゴの向こうからSちゃんが「まーだだよ」とお返事。

 

そこから「もういいかい」と声をかけ、全部はめ終えたら「もういいよ」と返事し、それから一気にばらばら落とすというゲームが始まりました。みんな並んで順番を待ちます。

ぼくはMちゃんとだね

 

なんだかおもしろそうと集まってきた他の子どもたち。やっぱり出てきたとたん押したくなり手が伸びますが、そこでがまんだ!Aくん、「がまん」をしてごらん。

 

んんんん~~

 

Aくん、押したいのをがまんしてぷるぷる震えながら耐えます。ん?これってなんか新鮮な感じ。

 

「もういいよ」ばらばらばら、きゃーっつ

 

もういいよ、押して!

 

こうしてお片付けまで遊びは続いたのでした。

 

やっと順番がきた

 

自分のやりたいがままにふるまうよりも、少しがまんして順番を守って遊ぶとこんなに楽しいということを経験したひよこ組さん。こうやってルールを身に付けていくんですね。

 

ん?アフォーダンス理論はあまり関係なかったですね^^;

2020年10月26日

10月20日21日まちこ先生のお箸教室

これはなあに?お箸かしら

 

恒例、まちこ先生のお箸教室です。

 

正しい箸使いは一朝一夕では身に付きませんが、まずは、使ってみたいという気持ちをもってもらうことを目的にします。

 

親しみを感じてもらうための軽快なトークやまねっこ遊びをした後、いろいろな食具が紹介されます。その後、今年も出ました「あたりまえだのボーロ」! (教頭もリアルタイムでは知らないのですが、40~50年前にテレビコマーシャルで放送され、あたり前と前田製菓のボーロを混ぜた決め台詞は大ウケだったみたいです。知らなくてもまちこ先生の言い方がやたらおもしろい)

あたりまえだのボーロ!ほら、こうやってお箸でつかむのよ。

 

ちょっと表面がざらざらしていて大きさもほどよくつまみやすいボーロ。先生ったらぱくっと食べて見せます。「いいなー!」「ずるーい」食べたい気持ちがぐう~んと高まったところでお箸の持ち方を習い、いざボーロつまみに挑戦です。

 

こうやって持つのよ。こうですか?えっと、これで4個IMG_2037みんな何歳?6歳ね。では6個取りましょう。

 

あまり細かいことは言わず、自力でつまんでもらいます。新しい道具へのチャレンジはとても楽しいもの。

 

あっ、落ちた数だってちゃんと数えられるもん

3歳児ひよこ組は、ご家庭で使っているかや兄姉が使っているのを見ているかによって、慣れ度に差がありますが、うさぎ組になるとほとんどの子どもが上手に使えるようになってきます。さあ、これで終わりじゃありませんよね?みんなでいただきま~す。

 

おいしさくっとしてとろっと溶けるよ

 

きりん組はレベルを上げて、大豆つまみリレーを行い、大いに盛り上がりました。

大皿から小皿に一粒大豆を移したら、次の人にタッチ

 

給食は、20日が栗ご飯、煮大豆とひじきのサラダ、21日がポークチャップとさつまいものサラダ。摘まみやすさを考えて献立をたてています。ひよこ組はこれからはスプーン、フォーク献立の日以外はお箸で給食を食べます。

 

どう?ちゃんとつかめるでしょ

 

 

握り箸やクロス箸では摘まめません。自分で食べようとする気持ちが何より大切で、なんとかして摘まもうという経験を積みながら、少しづつ正しい持ち方を伝え、使えるようにさせていくとよいようです。

 

お箸教室で使った箸は、真智子先生がこども用に16cmに切ってくれた割り箸です。割り箸は滑らなくて、実は子どもにとっても使いやすいです。麺を食べるときなどお試しください。また、上手に使えないとつい大人が食べさせてしまいたくなりますが、それは本人の経験を減らしてしまうこと。今回の教室をきっかけに、なるべくお子さんに箸を使わせてあげるようにしてください。案外使えているものですよ。

 

ご家庭で気になる様子がありましたら、園に教えてくださいね。よく様子をみて、必要に応じて正しい持ち方を声掛けしていきます。

 

 

 

2020年10月16日

直接的な体験

おいしそうなの掘れた💛

 

10月14日はさつまいも掘りでした。

 

行事や活動は、そこまでにどれだけ多様なイメージが紡がれているかで深みが変わってきます。さつまの苗植えは5月の登園自粛期間中で、その時にいつもしていたような秋の収穫への期待を高めることができなかったため、今年は念入りに事前指導を行いました。

 

各学級で、写真絵本などを使って芋の成長の様子、芋ほり、お料理を思い浮かべます。子どもたちは今まで経験したことと結び付けて、匂い、色、感触、味を想像します。

月刊写真絵本サンチャイルド

 

いざ、畑へ。ひよこ・うさぎ・きりんは裸足で向かいます。

砂がちくちく。ちょっと痛い

 

先生たちの寸劇を見て(↓この写真は過去のものですが)「掘る」ことを確認です。テレビ番組等でおいもを引っ張るシーンがありますが、あれでは収穫できません。

 

恒例、先生によるパフォーマンス「大きないも」

はやく掘ってみたいよう!気分が盛り上がったところで、さあ畝に並んで芋ほりです。

 

よいしょよいしょ、掘らないと出てこないんだよ

そうそう、奥までなが~いお芋もあるからよーく土をかいてね。

 

掘れたよ♪

 

「わっ、出てきた!」「先生見て。大きいよ」「きれいな紫」明るい声が秋の空気と土の匂いに混じって飛び交います。芋ほりのイメージが実体験に結びついた瞬間です。

集中した自由した時間

数年前までは、朝のうちに用務員の清水さんがつるをきれいに刈り取り片付けてくれていましたが、一昨年から残しておいてもらい、年長きりん組が力を合わせて片付けることにしています。こどもたちはつるの長さと量を実感します。

 

給食にはふかし芋が出ました。今日の給食10月14日をご覧ください。今後も、さつまいもチップスやさつまいものてんぷらが出ます。

 

たかが芋ほり?されど芋ほり。五感を使った季節の体験、子どもに強い印象を残すことでしょう。

 

たくさん写真が撮れています。学期末、はいチーズでご購入ください。

2020年9月30日

ちょっと一息、ぶどう狩り


信濃スマイル、私もスマイル

 

運動会練習も佳境!特に年長きりん組はすることがいっぱいです。リレーに遊戯に組体操、綱引き。全力で取り組んでいます。

 

そこに嬉しいお申し出が。きりん組保護者の松五ぶどう園さんからぶどう園見学のお誘いがあったのです。午前の練習が終わって11:20分、通園バスに乗ってきりん組とはと組のYちゃんはすぐ近くの松五ぶどう園に向かったのでした。

 

松五ぶどう園さんでぶどうを買う人は多いですが、ぶどう園の中に入る機会はないのでないでしょうか。敷地内は広々、こんな感じです。

いろいろなくだものの樹広がるぶどう棚。別世界見上げると紫色の大きなつぶが…

 

こんなふうになっているんだね。子どもたちはうれしそうに樹からつぶをもいでぱくっと食べました。高妻(たかつま)と信濃スマイル^^。

わ、さっきとちがう色だ甘い💛そのまま口に入れないで皮をむいてかじるんだよね

 

果樹園が近くにあるなんて、なんて恵まれているんでしょう。そして、練習をがんばったごほうびに甘いぶどうが食べられて、おみやげまでいただき、大満足のきりん組の子どもたちでした。運動会本番、がんばろうね。松五ぶどう園さん、ありがとうございました。 数種類のぶどうのつぶをお土産にきれいに包んでくださいました。