認定こども園 のびのび幼稚園

ブログ

2017年11月14日

来てくれてうれしい

11月2日、敬老お楽しみ会が催されました。27年度アンケートで、「今どきの祖父母は仕事をしている方が多く、休日と連続の日だと休みがとりにくい」とのご意見がありましたが、今年は他の行事との調整がつかず文化の日の前の2日になってしまいました。ごめんなさい。

 

孫たちは、返事や当番活動ができるところを見せたり、歌を披露したり、大ハッスルでした。そして、「だるまさんがころんだ」や「あぶくたった」をいっしょにやってくださって、ありがとうございます。とても、とても楽しかったです。

 

給食はいかがでしたか?以前は、お年寄り向けの和食系の献立でしたが、現代のおじいちゃまおばあちゃまに合わせて今年はドライカレーにしてみました。毎年、工夫していきますね。来年は、スプーンでも食べやすいサラダを出しますので、どうぞまたいらしてください。

ぎゅーってしてもいいよって先生か言ったから♥えへへ

保護者の方は写真館もご覧ください。

2017年11月14日

さつまいも掘り

10月25日、さつまいも掘りを行いました。都会では、遠くまで出かけてさつまいも掘りをする園も多いとか。苗植え、成長の観察、収穫、試食と一連で行えるのびのび幼稚園はほんとうに恵まれています。最初から最後まで子どもたちは作物を育てる実感が得られ、ありがたいことです。

 

さて、今年は豊作で、全員にお土産が持ち返れたほどでした。ひっぱっては採れません。掘って掘って手足を泥だらけにして、目を輝かせながら収穫を喜ぶ子どもたちでした。保護者の方は、写真館もご覧ください。

 

恒例、先生によるパフォーマンス「大きないも」。今年はFくん飛び入り参加です。つややかなさつまいも。給食に、おやつに大活躍します。ほら、おいしいそうでしょ?

2017年11月14日

何でもできる魔法の手

10月23日と30日で、箸使い指導を行いました。講師は平成22年まで長年主任を務めていただいた、土屋真智子先生。今でもいろいろな場面で保育指導にきてくださっています。

 

合言葉は「みんなの手は、何でもできる魔法の手」。素敵ですね。白い割烹着姿で現れた真智子先生。昭和のエプロンだと説明してくれました。 また、何かを数えるとき、二つで一組のものがあるというお話も。1膳2膳、1足2足・・・なるほど。これにはきりん組からは感動のため息が。

 

持ち方を習ったあと、ボーロや大豆をつまんでみます。年長きりん組は、チーム対抗で大豆つまみリレーをしましたよ。年少ひよこ組はまだまだ難しい子どもも多いです。でも、これをきっかけに給食でもっと箸をがんばってみようという気持ちになる子どもは多く、その日の給食献立もつまみやすい一口がんも煮やミックスビーンズサラダで、みんな目をキラキラさせてチャレンジしていました。

 

上手に使えるようになるといいですね。かっこいいですよ!

このお箸(さいばし)見たことある?そう、おうちの人が台所で使っているでしょう?便利なのよ。

2017年11月14日

絵には発見と感動が表れるから

10月18日、写生会がありました。写生、と言ってもいわば観察画を描く日です。

 

大人は、本物に近い形の整った絵を「上手」と思いがちです。(もちろん、形を写せる才能のあるお子さんはいますが)しかし、よく見て、「わあ、うさぎって耳が長ーいんだ」とか、「ミニチュアホースって大きな鼻の穴がある」と気づき、その感動が表れた絵の魅力は大人はかないません。上手でなくてもそうした感動や発見が表れた絵を、幼児のいい絵と呼びます。

 

いい絵を描いてもらうため、うさぎを触ったり、ウコッケイを間近でみつめたり、ミニチュアホースにエサをやったり、たくさんたくさん親しみます。今年もおもしろい作品がたくさんできました。2月17日作品展で展示します。

うさぎ組になったらお世話できるんだって。早くやりたいなあ。(年少:ひよこ)ふわふわしてるね。出してみる?ちょっとこわいなあ。(年中:うさぎ組)ばりばりむしゃむしゃ食べてるよ。あっ、歯が見えた(年長:きりん組)

2017年10月4日

リレーの背景にあるもの

運動会の練習も佳境を迎えています。

 

さて、今日のお題は年長児のリレー。運動会の華です。

 

競うあう楽しさを本気で楽しめるには、心の成長が必要です。ほんの幼い頃は、走るといっても、走ることそのものが楽しく順番はあまり気にしません。しかし、比較ができるようになり相手と自分を比べてどちらが速いかわかるようになると、「勝ちたい」という気持ちで走るようになります。

 

ところが人間得意不得意があるもので、走るのが速い人もいれば遅い人もいる。練習すればしないよりずっと速くなるけれど、自分はあの子にはぜったい勝てないとあきらめてしまう子どももいます。よくわかる子どもほどそう思うことがあるようです。

 

 

しかし、のびのび幼稚園のリレーは、全員リレー。1人が遅くても、メンバーが頑張って少しづつでも速く走れば挽回できるのです。つまり、1人では勝てないこともチームで力を合わせれば成し遂げることができる、このためにみんな懸命に走ります。

 

というわけで、チームで話し合って作戦を考えて練習に臨んできました。走る順を考えたり、バトンの渡し方を工夫したり。インコースを走れば抜かされないし距離も短くですむことに気づいた子どももいました。

 

リレーは運動会の最後の競技で、あっという間に終わってしまいます。しかし、背景には濃い時間の積み重ねがあり、そのために子どもたちは燃え、見ている人たちの感動を誘うのです。アンカーには責任があります。自分のチームが負けていても、全力で走り、最善のタイムを出さなければなりません。あきらめてたらたら走るなんてだめなのです。過去に、負けていたチームのアンカーが途中で転び、でもぱっと起き上がって真剣にゴールを目指したことがありました。膝には血がにじんでいました。観客、号泣です。

 

さて、今年はどんなドラマがあるでしょう。リレー開始は13:30予定。お楽しみに。

きりんリレー、練習の一コマ。先生の顔も真剣、応援にも熱が入ります。

2017年10月4日

10月3日栗ご飯

栗ご飯、ほくほく♥

 

10月3日(火)の給食は栗ご飯、うずらの卵のすまし汁、焼きさんま、ほうれんそうのおひたしでした。季節感たっぷりの献立ですね。運動会練習で体をたくさん使った子供たちはおかわりして食べていました。

 

 

今の時期、苦手とするものにチャレンジさせるチャンスです。さんまやほうれんそう、くせのある食材もお腹が空けばみんなもりもり食べます。友だちがおいしそうに食べていると、苦手なものもつい食べてしまうものです。そして「けっこうおいしい」ことに気づき、楽しい記憶が助けとなって食べられる食材を増やしていくことができるのです。

 

 

実際、魚や野菜は疲れを回復させ強い体を作ってくれます。食べられる→けっこうおいしい→元気になるの好循環をつくっていきたいものですね。栗ご飯は・・・ご褒美の秋のめぐみです。ほくほくして甘みがあり、とてもおいしかったですよ。

2017年9月13日

のびのび祭りレポート

シンプルで保護者の負担が大きくなりすぎず、子どもにとって意義深いお祭りにしようということで、運営改善に取り組んだ今年の夏祭り。終了時間も1時間早くなり、これならたまごぐみも最後まで参加できそうです。

 

子ども子育て支援新制度となり、おかげさまで園児数が回復しています。昨年より20人も園児が多く、売店の品ものがあっという間に売り切れてしまいました。来年は、焼きそばも、フランクフルトも、チュロスも、ドリンクもたくさん用意しておきますね。これにこりずにご参加ください。

 

今年はおみこしを天神集会所から園まで担ぎました。きりん組のじまんの恐竜神輿です。

たこみこし。パイナップルみこし。流しそうめん。卒園児のご兄弟。久しぶりの園のカレー、おいしいっ。八木節の櫓の上から撮影。楽しく踊りました。

2017年9月11日

8月7日・8日宿泊保育

カメラが不調で、新しいものに変えました。やっとブログが更新できます。

 

ひと月前の行事になりますが、年長きりん組が、宿泊保育を行いました。のびのび幼稚園は、園の保育室に泊まって園庭でキャンプをします。

 

今年は夕方から天気が不安定になり、夜は遊戯室でのキャンドルサービスになってしまいましたが、その他は盛りだくさんの日程を思い切り楽しみました。自分たちの通っている園が夜に見せる違う表情…わくわくしましたね。忘れられない思い出がまた一つ増えました。

 

おうちの人と離れて友達や先生と一晩過ごし、みんな自立への階段を一つ上ることができました。保護者の方は写真館もご覧ください。

小平の親水公園で滝修行!これができた人は勇者だっ。スイカ割後においしくいただく♥今年はとびきり甘いスイカでした。夜の遊戯室でハイテンション!
幼稚園のどこかにある秘密の部屋。卒園までにたった一度、入ることが許されるのです……。
朝食のパンは自分で作ります。こうやって串に巻いて焼くんだよ。あ、落ちた(>0<)美味しい朝食。そして、バナナとメロンが!(メロンは畑で採れたメロン。味は…?!)

2017年8月1日

急に静かに。

急に静かになった玄関の天井

 

7月31日、出勤するとやけに静かな玄関。7月29日(土)はにぎやかだったのに、がらんとしたつばめの巣に日曜日の旅立ちを実感。卒園式のあとのような寂しさです(T^T)。おいとまごいもないわけで。

 

ただ、寒くなって越冬するまではつばめはすずめなどおなじようにこの近辺で過ごすそうです。お散歩しながら、あのつばめがのびのびつばめかな、などと考えるのも楽しいですね。

 

来年も来てくれないかなあ。(『おやゆびひめ』のお話にもつながっていくんだけどなあ、と教材目線でみてしまう教頭でした。)

2017年7月31日

7月メモリー:じゃがいも掘り

きりん組がひよこ組に教えるんだよ。

 

少し前の話になりますが、7/10にじゃがいも掘りを行いました。

 

おいもはつるを引っ張るものと思っている方はいらっしゃいませんか?よくテレビなどでもそういう表現をしているのを見かけますが、それは間違い。つるや茎を引っ張ると、切れてしまったり、いもがいくつかついてきても土の中に残ったままになったりするんです。よい子はしってるよね^^。

 

2月に種イモを植えてから、暑い頃給食で食べるまでが一つのストーリーです。前日少し雨が降り湿りけを帯びた土を回りまでよくかいて、次々に掘りあがるじゃがいもに子どもたちは目を輝かせていました。保護者の方は「写真館」もご覧ください。