認定こども園 のびのび幼稚園

ブログ

2020年4月7日

新しい年度が始まりました

時がくれば花は咲く

 

本日始業式。子どもたちは目を輝かせて登園してきました。大人たちの抱える不安はさほど子どもに影響を与えていないようです。

 

新型コロナウィルス感染症が広がりをみせ、非常事態宣言が出される模様です。しかし、国からの通知では認定こども園は原則開所となっております。2月末首相から一斉休校要請が発表されたときは、子どもの健康と命を守ると言いながら、こども園、保育所、学童クラブを線引きし、危険域に分けたと腹立たしく思いましたが、(今も腹を立てていますが)現在は違う心持ちでいます。

 

医療従事者、生産者、生活を支える仕事をしている方々のお子さんをお預かりし、健やかに育て社会を支える。これが子どもの施設の使命です。現在、桐生・大間々地区は「感染拡大警戒地域」ではありません。するべき衛生管理をできる限り行って保育してまいります。

 

私たち大人が今するべきことは、新型コロナウィルス感染の広がるスピードを遅くして、医療崩壊になる事態を防ぐことです。いずれ治療方法が確立し、ワクチンがいきわたるようになるでしょう。それまで、通常の社会生活を保ち続けられるよう努力していきましょう。

 

自分自身が潜在的な感染者かもしれないという意識で、人にうつさない気持ちをもって行動していれば感染が広がらないといわれますがその通りだと思います。まめに手洗いをしてください。生活の節目で身の回りのポイントを消毒してください。換気をしてください。不特定多数の人が密集する場所には行かないでください。栄養のあるものを食べよく眠って免疫を下げない生活をしてください。熱があったり体調が悪い時は出歩かず家で安静にしてください。お子さんの健康観察もよくしてあげてください。そして、無駄な買占め、買い急ぎは控えましょう。本当に必要な人にいきわたらなくなってしまいます。

 

来年の今頃は、光明が射し、安心した気持ちで新年度を迎えられますことを心から祈っています。(理事長:須田)

2020年3月17日

これ、どうしたらいいの?(保護者の叫び)

つるつるの感触が気持ちいい

廃材製作に情熱を傾けているうさぎ組。毎日、こうした↑を持ち返っています。お家の人の嘆きが聞こえるよう。すみません。

 

?段ボールのごみの日はいつ?

これなんか、まるでゴミの山。捨てたくなる気持ち、わかります。ところが、

 

マイルームがあるのだ。

ぺら、と屋根をめくると、ちゃんと部屋があり、

 

時間をかけてていねいに塗ったのだ。

丁寧にマーカーで色を塗った紙コップは車のライトのイメージ。ボタンもあります。

 

攻撃もできる?!

暗い部屋から外をながめ、観察したり、攻撃したりもできるそうです。

 

2階の広いスペースはぼくらの夢の基地。

友達とイメージを共有し、いろんなアイデアを実現していきます。

 

持ってて。そこ、貼るから。

子どもの頃、友達と自分たちの基地を作って、すごく満足した記憶はありませんか。

 

素材の特徴、道具(はさみ、段ボールカッター、ガムテープ、セロテープなど)の使い方をこうして体で覚え、来年の作品展では、子どもならではの迫力のある作品をお見せすることができるでしょう。

 

 

そして、廃材製作作品の捨て方です。

 

基本的に、作っている過程に意味があるので出来上がったら捨ててかまいませんが、コツがあります。まずは、持ち返った作品に思い入れがあるようなら、お子さんに説明させて一緒に楽しんでください。ほれぼれと眺めるようであればしばらく目に付くところに飾りいっしょに眺めてあげてください。

 

そして、子どもは成長する生き物ですから、他の物に興味が移り気持ちが薄まる時が必ずきます。そのタイミングで本人がいないときにこっそり捨てれば、トラブルになることはまずありません。

 

家に持ち帰ったとたん忘れているようであれば、寝ている時間に捨ててくだされば、大丈夫です。

 

迫力満点、隠れることもできるワニ

力作。どうしても持ち返れないなら、20歳までは園でお預かりしますよ^^

2020年2月19日

4月にひよこ組になるんだよ

初めてのふれあいホール。ここから上がるんだね。 座って待ちますよ。お部屋と同じだね。今日はカレーだよ。おいしいね。前回の続きです。以前、未満児もみんなランチルーム「ふれあいホール」で給食を食べていました。しかし、椅子が大きく不安定、同じ環境で食べられた方が未満児は安心できるという理由で、今は保育室で配膳し食べています。しかし、4月からはひよこ組になるにじ組・おひさま組さん、体も大きくなりました。だんだんにふれあいホールに慣れていきましょう。この写真は2月1日のもの。前日に、厨房にご挨拶にいきましたよ。(1月31日『今日の給食』のページ参照。)初日はとてもお行儀よく食べることができました。2月19日現在、今でもちゃんと座ってもりもり食べています。

 

パジャマに着替えるよ。ぼたん、がんばります。上手だね。

パジャマに着替えます。ボタンもがんばるよ。ボタンやチャック、少しずつ練習していきましょう。おひさま組は帰る時間が早いのでパジャマに着替えませんが、お家でぜひやってみてね。自分のできることは自分でしていけるようになろう。

 

座っているところ、撮って♪順番待ちでwす

今までは、一対一で先生と行っていた製作。座ってみんなで一斉に作ります。『みんな』にかける先生のことばを聞き取って作りましょう。うんうん、次にすることをちゃんと聞いているね。

 

手をつないでトイレへ。個室も使えます。立っておしっこできます。

未満児用の小さいトイレ。トレーニング中は保育室とつながっていることが必要です。でも、パンツマンになったにじ・おひさまさんたちは、ひよこ組前のお兄さん・お姉さんトイレまで行って排泄できるようになりました。

 

無理なく、できることを積み上げて生活習慣を身につけ、集団生活に移行していきます。3歳児ひよこ組になったら、今の2歳児さんたちが学級のかなめとなってくれます。

2020年2月19日

未満児から3歳児へ

走るよ走るよ!

 

子どもの施設には「未満児」「以上児」という言い方があります。未満児とは3歳児未満の子どもたちで、のびのび幼稚園でいえば2歳児保育認定にじ組、教育認定おひさま組、0・1歳児たまご組があたります。

 

一方以上児とは3歳児以上、つまりひよこ、うさぎ、きりん組を指します。3歳児以上が「幼児教育の対象」です。

 

のびのび幼稚園は、幼稚園由来の認定こども園なので、未満児学級の歴史はまだ10年です。しかも、スタートは3人。試行錯誤の日々でした。

 

2歳児が多くなり、10人以上の集団になったとき、なるほど、ここまでの年齢は児童福祉施設設置基準の通り6人の子どもにつき1人の先生が必要だなあということを実感しました。にじ組の4月からいる子どもたちはすっかり生活に慣れ、先生や友達に親しみを感じながら関わりを楽しんで登園しています。しかし、

 

思い思いの遊びの時間の避難訓練の時「にじ組さんおひさま組さん集まって」と担任の先生が呼んでもぴんとこないようで、遊んだままでいたり、違う組の列に並んだりする姿があります。「集まる」ということがまだまだわからないのですね。クラスの名前もわからない子どももたくさんいます。また、2歳は悪魔の2歳と言われるイヤイヤ期。人が使っていても自分の欲しいものは取っちゃうし、わざとダメと言われることをしたりします。時には叱ったり、時には優しく関わり方を諭したり個別にじっくり対応することが必要です。

 

そして、トイレトレーニング。在園児はほとんど2歳児のうちにオムツがはずれます。定時排泄や友達がしている様子を見て「そういうものだ」ということが身につきやすいのですが、それも先生が一人ひとりの状況を把握し、あった働きかけや援助をするからトレーニングが進むということがあります。今年の2歳児は、おひさま組1人目の子どもが入園する9月まで、13人に対し先生が4人いました。(2名はおひさま組の先生。)現在19人を4名の先生で保育しています。

 

しかし、3歳児になると、25人~30人の子どもに対し先生は2人、多くて3人です。子どもは先生のクラス(集団)への言葉かけを聞き取り、友達から学び、生活していかなければなりません。もちろん先生は一人ひとりをよく見て保育していきますが、子どもも個別対応を離れて動くことが求められるのです。

 

でも、心配はいりません。3歳を幼稚園入園の年齢に決めたのは、よく考えられていたなあと思います。集団で行動し、楽しめることが増えるのが3歳です。次回は、来年3歳児ひよこ組になる子どもたちをレポートします。

 

 

2020年2月6日

節分の鬼登場は幼児虐待なのか

こわいよwっ(泣き)

 

さて、巷では豆まきで鬼を登場させ子どもを怖がらせるのは虐待ではないのか、という議論があります。虐待であるという主張の趣旨は、しつけという名目で子どもに理不尽な恐怖を与えるからだということです。

 

のびのび幼稚園はこう考えます。

 

「安全な場所で怖いと感じる経験をするのは教育である。幼い時に人知の及ばない存在に思いを馳せることは価値がある。」

 

本当に怖い思いを危険な場面で初めてすることこそ、リスクが高いです。よく知っている安全な場所で安心できる保育者がいて、怖い対象がなぜ登場するかわかっている、そういった場所で「怖い」思いをすることは貴重な経験だと思いませんか?

 

上の写真を見てください。1歳から5歳の子供がいますが、鬼の様子や戦うお兄さんお姉さんや友達の様子をよく見ています。何がおきているかわからないことこそ恐怖ですから、園舎の隅のここは安全という場所で観察しているのです。また、年長の子どもは自分の欠点に立ち向かうために、怖くても鬼に向かっていって豆を投げつけます。すがすがしく感動的な姿です。

豆を当てたぞ それ逃げろっ

 

のびのび幼稚園の節分の鬼はいわば来訪神(らいほうしん)です。年一度の節分の日に訪れ終わると帰っていく。常日頃姿を現し子どもを怖がらせるわけではありません。来訪神は地域の人々に幸せをもたらし災いを取り除くと信仰され、世界中に多種多様な行事が伝承されています。男鹿のなまはげなどは幼い子どもを大泣きさせますが、それも成長するに従い乗り越え、やがて地域の人々に愛され親しまれる大切な神様になっていくそうです。

 

目に見えることだけが世界の全てではないのではないでしょうか。自分が悪いことをしていると感じるとき、たとえばものを盗ったり友達に意地悪をしたりしたとき、誰もいなくても鬼は見ていると感じるのは善悪の判断に影響をあたえるでしょう。鬼は自分の心の中にいるのです。また、人知の及ばないものへの畏敬の念を幼いながら触れる機会にもなります。自分が世界で一番エラく何をしても咎められることはないと錯覚したままでいることこそこわいことです。

 

このような鬼の効果を考えず、自分の指導力不足をよそに思い通りに行動しない子どもをおもしろがって怖がらせるための鬼登場だとしたら、それはまちがいなく虐待です。しかし、こうした節分という行事の効果をかみしめながら行う保育は、子どもの健やかな成長を促します。

 

のびのび幼稚園には来年も怖い鬼が来ることでしょう。

2020年2月5日

節分レポート②

お兄さんお姉さんたちが戦っているのをよく見ておく ほら、勇敢だよぼくは行くよ!こわくないぞっ(泣)

さて、鬼登場で佳境に入った豆まきです。園は大いににぎわっています。

ああ、つかまっちゃったよう

鬼なんか平気だっ(真顔に汗)豆を当てたぞ それ逃げろっ

小さい子には必要以上には怖がらせません。全くわからない子も・・・ ほら、豆投げないとつかまっちゃうよ

園舎のすみっこで上手に隠れている人たち

 

豆も尽き、新聞紙豆で戦います。鬼も弱ってきたみたい。

 

鬼は外、してきたよ!はあはあ、ぜいぜい 今年の子どもは強かった正門横扉より逃げいていく鬼 「鬼帰れ!」 鬼が出ていくと急に勢いづく子どももいたりして。

 

門の向こうに投げた新聞紙豆いっぱいこわかったw 鬼がいなくなってほっとして泣き出す子も

 

その時、遊戯室前から「♪鬼は外~福は内~♪」の大きな歌声が聞こえてきました。後でひよこ組の担任の千明先生に聞いたのですが、前日、補助の篠原先生が「みんなが元気な声で「鬼は外」の歌を歌ったから、今赤鬼が逃げて行ったよ」と聞いたため、鬼を追い払うためにひよこ組が声を合わせて歌っていたのだそうです。昨年、鬼除けにイワシの模型を作っていたきりん組の子どもがいましたっけ。考えているんですねー。

 

さんぽう きりんぐみ

さんぽう ひよこ組

帰りのバスで、さんぽをう見せてくれました。迫力のある思いのこもったさんぽうでした。

きりん組の幼児が内緒話をしているのが聞こえました。 「ねえねえ、小学校は鬼こないんだよね。」 「うん、お兄ちゃんが言ってた。鬼、怖かったね」

2020年2月4日

節分レポート①

ええい!くらえっ、ぼくの豆

 

今年もやってきました、節分の豆まき。レポートします。

 

事前に「自分の中の鬼を追い出そう」とどんな鬼をやっつけるかたっぷりお話をしたこどもたち。「泣き虫鬼」「おこりんぼ鬼」「寝ぼすけ鬼」精一杯自分に向き合います。

 

さて、園庭に集合してお約束です。鬼はキックやパンチはしないこと。やっつけるのに一番いいのは豆。豆がなくなったら、朝の時間に新聞紙で作ったボールもいいんだよ。

お約束、よく聞いてね

 

 

鬼のお面、いいでしょ?写真撮ってくれるの?ハイ、ピース誰?NHKのどーもくんみたいな鬼だなんていうのは?

まだみんな余裕のある表情をしてますね。

 

いままでにない身体能力の高い鬼!鉄製スライド扉を飛び越えてきた!!

鬼登場!

避難用すべり台から、正門スライド扉から、通用門から!!

 

つかまった!

つかまった!

 

先生助けて!こわいよう!

先生の後ろは安全地帯。初めての豆まきに目を白黒のひよこ組を中心に先生のまわりに子どもが集まります。

 

玄関に入れば少し安心

あっ、玄関が開いていたので、鬼と戦わず隠れている子どもを発見。

 

悪い子はいねえかw ぼくはいい子だ 鬼になんか負けないぞ!

本日のベストショット。小さい組でも青鬼と果敢に戦う!

 

 

後半明日に続く

2020年2月3日

1月の表情から

ご家庭でも消火器の点検を。

1月の表情をお伝えします。

 

並んで。ヨーイ、ドン!

寒さに負けず、にじ組さんかけっこです。よーい、ドン!まだ合図ぴったりに駆け出すのは難しいもよう。でも

運動会を見ていたよ。トラックに沿って走るんだよね。

トラックに沿って走れるんです。運動会や、その後の大きい組の様子をよく見ていますね。

 

壊れたら直せばいい

各クラス発達に合った凧を作って揚げました。きりん組は本格的な竹ひごの骨でできた凧。壊れやすいのですが、直しながら揚げます。風をうまく受けると高く上がります。ぱんだクラブでも揚げて遊びます。「先生、走っているところを撮って。いくよ、よーいドン!」

ねえ、揚がってるw?

 

恒例きりん組こままわし大会。おじいちゃんやバスの運転手さんたちが参加してくれました。

いざ、勝負!がんばるぞ、おーっ!CIMG7754

結果は、一回戦はこはるちゃんのおじいちゃん(なんと昨年に続き2度目。さすがの安定感)、二回戦は運転手の清水さん、三回戦は現役こどもの意地を見せ王者しゅうくんが優勝。リベンジ戦でも並み居る挑戦者を退け再びしゅうくんが勝ちました。

 

しゅうくんはふだんの遊びの時間でも熱心にこま回しの練習をしています。努力が実って順当に優勝する姿をみるのは気持ちのいいものです。2月現在、遊びの時間のこま回し勝負は継続中。きりん組たちは競り合って次のチャンピオンを目指しています。(また大会やる気かな?)

 

消防車見学。集合

避難訓練&消防車見学の様子です。給食棟ふれあいホールからの火災想定でした。速やかに避難します。

たいへん上手に逃げられました。お話もよく聞けるね。

消火器を使ったことがないので今回やってみます

先生たちの消火器の使い方の訓練です。難しくはないのですが、使ったことがないと戸惑います。2~3回やってみると、身につきます。毎年順番で練習です。

 

そして消防車見学。小さい組は大きくてびっくり。大きい組になると「これは何ですか?」「どんな時に使うのですか?」と質問が次々あがります。

たまご組。大きさにびっくり。今度お散歩に行ったら乗せてね。 これは何に使うんですか。これはね・・・

 

現役の消防士さんの話を聞くことは、社会生活とのつながりを実感する機会でもあります。人命を救うために危険な場所へもかけつけてくれる仕事があると知ってくれるといいな。

 

その他、きりん組はお茶会がありました。うさぎ組のフルーツバスケットも面白くて、いつかレポートしたいです。

2020年1月24日

自力通学に向けて実地歩行訓練

1月17日(金)、年長きりん組は小学校進学後の自力通学に向けて、実地歩行訓練を行いました。

 

新里東小の南駐車場に一度集まり、桐生警察の警察官、交通ヘルパーさん、地元交通指導員さんにあいさつをします。

寒い日でした。ポケットに手を入れてはだめですよ。

 

二人一組で歩きますが、押しボタン式信号は一人ずつ押し、一人で渡ります。

 

 

信号機は赤で止まって青で渡る。うちの子はよくわかっているから心配ない・・・と、思うでしょう?ところが、初めての信号は子どもは一人ではタイミングがつかめなくて怖くて渡れないんです!これ本当ですよ。

 

右を見て左を見て曲がってくる車もいない、信号機は青。それでも渡れず、何度も青を見送る子どもがたくさんいます。渡れる子どもも、緊張でがちがちになっています。これ何かに似ているなあ、と思ったら、節分の鬼退治でした。

 

守られた場所で、怖い思いをする。そして、どうしたらいいか考え行動する。

 

ふだん、子どもたちは保護者の車で移動することがほとんどでしょう。しかし、車は凶器にもなるこわい道具です。公道を歩くときは緊張感が必要です。交通事故は、小学一年生が一番多いのです。警察官の方は「一人で歩かせようとしたとき、自分の子どもがどれだけ頼りなさそうに見えるか、保護者が学校まで一緒に歩いて実感を持つことが必要だ」とおっしゃっていました。きりん組の保護者のみなさん、ぜひ数回学校までいっしょに歩き、お子さんと危険個所を確認してください。ほとんどの学校に登校班があり、上級生といっしょに通学しているうちに、1年生も怖がらず一人で学校に通えるようになります。そうなったときのために、今から交通ルールや危険個所についてよく覚えてもらいたいものです。

園のお兄さんお姉さんきりん組も公道ではこんなに小さく見えます。ドキドキ。でも渡れるよ「どの信号を見るかわかる?」「あれ」

 

 

 

お家の人が学校までいっしょに歩くなんて寒くていやだと言ったら、おまわりさんに教えて。お電話してあげる。

 

 

そして、東小でのびのび幼稚園のバスをみつけて駆け寄ってくれた卒園生がたくさんいました。ごめんね、あの時は緊張感を演出していたため明るく答えてあげられませんでした。「せんせー、ひさしぶり~」って言ってくれたIくん、幼稚園に来たときはたくさん話聞くからね。また会いましょう。

2020年1月9日

いろいろでいいじゃない

 

大きくなったね…思わず涙ぐむもと担任

12月24日クリスマスイブの日、第37回卒園生の集いを催しました。現中学2年生を招き、高校受験に向けて応援する会です。今年は8割の人たちが出席してくれて、懐かしく楽しいひと時を過ごしました。

 

年齢が上がるにつれ、厳しく複雑な現実に時には疲れてしまうこともあるでしょう。そんな時、幼稚園時代無条件に先生にかわいがられ、安心して過ごした感覚を思い出すとパワーがわいてきます。

 

今年の卒園生たちは、そうした園の思いを味わい尽くしてくれました。大いに笑い、幼稚園時代のようにはしゃぎ、当時のままの味「調理員の金子さんのチャーハン」の味に舌つづみを打ち、会が終了しても、帰るぎりぎりまで当時の生活発表会のDVDに見入って笑いころげていました。

はいっつ!ゲームの商品はおれのものだ!

 

そんな中で、少し離れた席に1人ぽつんと座っていたG君がいました。先生が「Gくん、ここの席空いているから詰めて」と声をかけても、女の子グループが「G、こっちおいでよ」と誘っても、「いや、いいよ」と動きません。(女の子グループ優しい!中学でいい教育受けてますね。)

 

こういう時、無理強いしないのがのびのび幼稚園のお約束。みんなGくんを気にかけながら、会を進行させます。そんなGくんがキラッと光る場面がありました。実はGくんソシアルダンスの選手で、学校の部活には入らず、日々前橋までレッスンに通っているそうのなのです。そこに現れた尾見先生。尾見先生は、群馬県のソシアルダンスの上位選手です。二人にペアダンスをもちかけると…

えっ、かっこいい!

 

何の下準備もないのに、スマホで曲をさっとみつけ、すばらしいパフォーマンスを披露してくれました。給食棟の一角がダンスホールに!

 

その後Gくんは夕方まで園庭で同級生や園児たちと遊んでいきました。

 

成長とともに、楽しそうにしている大勢の流れに入りにくい人も出てきます。どんな環境でも対応でき明るくふるまえる人ばかりではありません。それでいいじゃないですか、みんなが同じでなくても。違うと切ってしまうのはなしにしましょう。Gくん、来てくれてありがとう。個性的な君がいてくれて、平成23年のびのび幼稚園卒園生は虹色になりました。そして、受けとめてGくんのパフォーマンスを大いに盛り上げてくれた同級生のみんなの懐の深さにも感激です。いい子たちだなあ。

 

また、当時のPTA役員の方々もお招きし、ほとんどの方がお見えになりました。自分のお子さんの同級生の成長した姿に目を細めながらみなさん楽しそうにしていらっしゃいました。最後に「のびのび幼稚園の先生は皆さん温かいですね。卒園させてよかったです。」と言っていただきうれしかったです。