のびのびこども園

ブログ

2020年10月27日

むし歯予防教室

6さいきゅうしはおとなのは

 

例年むし歯予防教室は年長きりん組の保護者をお呼びし、歯科衛生士さんから6歳臼歯の話を聞き、歯垢染め出しをして歯ブラシを使って実際に歯の磨き方を学びます。

 

10月26日、今年はコロナウィルス感染予防のため、お話だけになってしまいましたが、とてもためになりましたので報告します。

 

①6歳頃奥に生えてくる6歳臼歯は永久歯で、磨き方にコツがあります。それはエッヘン磨きです。

むし歯予防教室のキャラクター:けんちゃん

 

②よく噛むことは大切です。唾液がたくさん出てむし歯になりにくくなります。

③むし歯になりやすいおやつとなりにくいおやつがあるので覚えましょう。

④むし歯じゃなくても歯医者さんに行ってもいいんだよ。汚れを落としてフッ素を塗ってもらおう。

 

今年の虫歯予防教室は保育室で

歯科衛生士さんはお話が上手で、みんな集中してよく聞いていました。こうした知識はあるのとないのとでは大違い。意識して守ることで、健康な歯を保てます。

 

きりん組の保護者には、お話の要点が書かれたお便りが配られました。むし歯にならない健やかな成長が園の願いです。

2020年10月27日

アフォーダンス理論(?)をとりいれたがまん遊び

つい押したくなるくん

 

ノーマンのアフォーダンス理論は、過去の体験をもとに特定の条件で特定の行動が結びつけられる効果のことを言います。

 

ん、難しいですね。

 

ボタンがあると、押せば何かが起こることを知っているから押したくなる、というようなことです。

 

先日の雨の日ひよこ組に入ったら、ブロックのカゴに刺さったままの人型ブロックがあり、子どもたちが一生懸命取ろうとしていました。ななめに刺さってなかなか取れないのですが、ままごとの包丁を使ったりブロックで作ったハンマーでたたいたりして、何とか取ることができました。

 

そして、取れたブロックをもう一回カゴの隙間にはめようとしたら、あら、ぽろんと向こう側に落ちてしまいました。

 

そこでブロックに台を付け隙間にはめたら↑、留まります。たくさん作ってはめてみるとこんな感じ。

にょこにょこっと出てくるよ

 

出てきたものは押したくなりませんか?出っぱったものは押せる、押すと向こうにばらばら落ちる。落ちるとスカッとする=やったー!な感じがする。シンプルな自己効力感を味わうわけです。黄色ブロックを押したくなるのはアフォーダンス理論に裏付けされると言えるでしょう!!!!!!

 

というわけで、反対側からブロック人が一人出てきたとたん、押して落とそうとするメンズAくん、Gくん、Rくん。ちょっと待って!一個出てきたからといって片っ端から落としてしまったら、はめるほうもやりにくいし、いっぺんにばらばら落とす醍醐味も味わえない。そうしたら、後ろの方で見ていたYくんが「もういいか~い?」とはめる側の友達に声をかけました。

 

するとカゴの向こうからSちゃんが「まーだだよ」とお返事。

 

そこから「もういいかい」と声をかけ、全部はめ終えたら「もういいよ」と返事し、それから一気にばらばら落とすというゲームが始まりました。みんな並んで順番を待ちます。

ぼくはMちゃんとだね

 

なんだかおもしろそうと集まってきた他の子どもたち。やっぱり出てきたとたん押したくなり手が伸びますが、そこでがまんだ!Aくん、「がまん」をしてごらん。

 

んんんん~~

 

Aくん、押したいのをがまんしてぷるぷる震えながら耐えます。ん?これってなんか新鮮な感じ。

 

「もういいよ」ばらばらばら、きゃーっつ

 

もういいよ、押して!

 

こうしてお片付けまで遊びは続いたのでした。

 

やっと順番がきた

 

自分のやりたいがままにふるまうよりも、少しがまんして順番を守って遊ぶとこんなに楽しいということを経験したひよこ組さん。こうやってルールを身に付けていくんですね。

 

ん?アフォーダンス理論はあまり関係なかったですね^^;

2020年10月26日

10月20日21日まちこ先生のお箸教室

これはなあに?お箸かしら

 

恒例、まちこ先生のお箸教室です。

 

正しい箸使いは一朝一夕では身に付きませんが、まずは、使ってみたいという気持ちをもってもらうことを目的にします。

 

親しみを感じてもらうための軽快なトークやまねっこ遊びをした後、いろいろな食具が紹介されます。その後、今年も出ました「あたりまえだのボーロ」! (教頭もリアルタイムでは知らないのですが、40~50年前にテレビコマーシャルで放送され、あたり前と前田製菓のボーロを混ぜた決め台詞は大ウケだったみたいです。知らなくてもまちこ先生の言い方がやたらおもしろい)

あたりまえだのボーロ!ほら、こうやってお箸でつかむのよ。

 

ちょっと表面がざらざらしていて大きさもほどよくつまみやすいボーロ。先生ったらぱくっと食べて見せます。「いいなー!」「ずるーい」食べたい気持ちがぐう~んと高まったところでお箸の持ち方を習い、いざボーロつまみに挑戦です。

 

こうやって持つのよ。こうですか?えっと、これで4個IMG_2037みんな何歳?6歳ね。では6個取りましょう。

 

あまり細かいことは言わず、自力でつまんでもらいます。新しい道具へのチャレンジはとても楽しいもの。

 

あっ、落ちた数だってちゃんと数えられるもん

3歳児ひよこ組は、ご家庭で使っているかや兄姉が使っているのを見ているかによって、慣れ度に差がありますが、うさぎ組になるとほとんどの子どもが上手に使えるようになってきます。さあ、これで終わりじゃありませんよね?みんなでいただきま~す。

 

おいしさくっとしてとろっと溶けるよ

 

きりん組はレベルを上げて、大豆つまみリレーを行い、大いに盛り上がりました。

大皿から小皿に一粒大豆を移したら、次の人にタッチ

 

給食は、20日が栗ご飯、煮大豆とひじきのサラダ、21日がポークチャップとさつまいものサラダ。摘まみやすさを考えて献立をたてています。ひよこ組はこれからはスプーン、フォーク献立の日以外はお箸で給食を食べます。

 

どう?ちゃんとつかめるでしょ

 

 

握り箸やクロス箸では摘まめません。自分で食べようとする気持ちが何より大切で、なんとかして摘まもうという経験を積みながら、少しづつ正しい持ち方を伝え、使えるようにさせていくとよいようです。

 

お箸教室で使った箸は、真智子先生がこども用に16cmに切ってくれた割り箸です。割り箸は滑らなくて、実は子どもにとっても使いやすいです。麺を食べるときなどお試しください。また、上手に使えないとつい大人が食べさせてしまいたくなりますが、それは本人の経験を減らしてしまうこと。今回の教室をきっかけに、なるべくお子さんに箸を使わせてあげるようにしてください。案外使えているものですよ。

 

ご家庭で気になる様子がありましたら、園に教えてくださいね。よく様子をみて、必要に応じて正しい持ち方を声掛けしていきます。

 

 

 

2020年10月16日

直接的な体験

おいしそうなの掘れた💛

 

10月14日はさつまいも掘りでした。

 

行事や活動は、そこまでにどれだけ多様なイメージが紡がれているかで深みが変わってきます。さつまの苗植えは5月の登園自粛期間中で、その時にいつもしていたような秋の収穫への期待を高めることができなかったため、今年は念入りに事前指導を行いました。

 

各学級で、写真絵本などを使って芋の成長の様子、芋ほり、お料理を思い浮かべます。子どもたちは今まで経験したことと結び付けて、匂い、色、感触、味を想像します。

月刊写真絵本サンチャイルド

 

いざ、畑へ。ひよこ・うさぎ・きりんは裸足で向かいます。

砂がちくちく。ちょっと痛い

 

先生たちの寸劇を見て(↓この写真は過去のものですが)「掘る」ことを確認です。テレビ番組等でおいもを引っ張るシーンがありますが、あれでは収穫できません。

 

恒例、先生によるパフォーマンス「大きないも」

はやく掘ってみたいよう!気分が盛り上がったところで、さあ畝に並んで芋ほりです。

 

よいしょよいしょ、掘らないと出てこないんだよ

そうそう、奥までなが~いお芋もあるからよーく土をかいてね。

 

掘れたよ♪

 

「わっ、出てきた!」「先生見て。大きいよ」「きれいな紫」明るい声が秋の空気と土の匂いに混じって飛び交います。芋ほりのイメージが実体験に結びついた瞬間です。

集中した自由した時間

数年前までは、朝のうちに用務員の清水さんがつるをきれいに刈り取り片付けてくれていましたが、一昨年から残しておいてもらい、年長きりん組が力を合わせて片付けることにしています。こどもたちはつるの長さと量を実感します。

 

給食にはふかし芋が出ました。今日の給食10月14日をご覧ください。今後も、さつまいもチップスやさつまいものてんぷらが出ます。

 

たかが芋ほり?されど芋ほり。五感を使った季節の体験、子どもに強い印象を残すことでしょう。

 

たくさん写真が撮れています。学期末、はいチーズでご購入ください。

2020年9月30日

ちょっと一息、ぶどう狩り


信濃スマイル、私もスマイル

 

運動会練習も佳境!特に年長きりん組はすることがいっぱいです。リレーに遊戯に組体操、綱引き。全力で取り組んでいます。

 

そこに嬉しいお申し出が。きりん組保護者の松五ぶどう園さんからぶどう園見学のお誘いがあったのです。午前の練習が終わって11:20分、通園バスに乗ってきりん組とはと組のYちゃんはすぐ近くの松五ぶどう園に向かったのでした。

 

松五ぶどう園さんでぶどうを買う人は多いですが、ぶどう園の中に入る機会はないのでないでしょうか。敷地内は広々、こんな感じです。

いろいろなくだものの樹広がるぶどう棚。別世界見上げると紫色の大きなつぶが…

 

こんなふうになっているんだね。子どもたちはうれしそうに樹からつぶをもいでぱくっと食べました。高妻(たかつま)と信濃スマイル^^。

わ、さっきとちがう色だ甘い💛そのまま口に入れないで皮をむいてかじるんだよね

 

果樹園が近くにあるなんて、なんて恵まれているんでしょう。そして、練習をがんばったごほうびに甘いぶどうが食べられて、おみやげまでいただき、大満足のきりん組の子どもたちでした。運動会本番、がんばろうね。松五ぶどう園さん、ありがとうございました。 数種類のぶどうのつぶをお土産にきれいに包んでくださいました。

2020年9月27日

安心できる場所へ向かって走る

わ~い^^

 

たまご組ができたとき、1,2歳児に運動会で何ができるだろうと考えました。お家の人に向かって短い距離を走るのはできるかな、と始めたのが、現在のかけっこの形。確かにできることから選んだ競技(?競うわけではないから演技?それも違うな。種目くらい?)でしたが、これ奥が深いものだったのでした。

 

こども園に入園して、いつも一緒だったお家の人(多くはお母さん)と離れます。園ではいつも優しくしてくれる先生をだんだん受け入れ、安心して過ごすようになります。

 

合図で走り出すのもまだまだ練習中。

ヨーイ、スタート! 走るのもまだまだ上手ではありません^^;。練習中は先生に向かって走ります。先生は手を広げて子どもを迎えます。

 

時々、知らない先生にはゴールしてくれない子どもがいます。かけっていって「あれ?このヒト違う」と知っている先生を探し、担任の先生に向かって走っていってしまうこともあります。フられてしまった先生はがっかりで見ている人たちは大笑いですが、これが笑いごとになるのは、子どもの愛着形成の段階を見るようだという共通理解があるからです。

 

初めての運動会。何をするのかわからず先生を頼りにしている。心細げに1人で立っていた子どもが先生の胸に駆け込むと安心してはじけるような笑顔を見せてくれる…。それは、先生を信頼してくれるようになっている証拠です。こども園そのもに安心感をもってくれるとどの先生へも走っていってくれますが、まだ不安があったりやっと担任の先生がわかるようになった段階だと知らない先生にはいってくれないし、ゴールしてもなんだかいやそうな顔をしています。0,1歳児のかけっこは、子どもの園への安心度がよく見える種目なのです。

 

当日はお家の人に向かって走ります。じつはまだまだお家の人にくっついていたいたまご組、大好きなお父さんお母さんにゴールすると、離れたくなくて次の親子遊戯まで引き離すのがたいへんだったりします。でもね、離れてもまた会えることがだんだんわかり、2歳児にじ・おひさま組で2回目の運動会をするときは全然ちがった姿を見せてくれるようになるんですよ。来年もお楽しみに。

ゴール!あ、N先生だ

 

2020年9月18日

行事のための日常ではなく

二チームに分かれて振りを考えて揃える

 

きりん組の遊戯(ダンス)の練習風景です。

 

年長きりん組では、自分たちでグループの振り付けを考え踊る箇所があります。最初に見学したとき、10人以上のグループだったので教頭は「もう少し少人数の方がまとまりやすいんじゃない?」と声をかけました。けれど担任たちには考えがありました。

 

「少人数では大分一つの方向に向かって遊べるようになりましたが、10人を超えると散り散りになってしまうことが多いです。あえて11~2人というグループにすることで、その人数の中で意見を交わしながらルールを共有し物事を進められるようになっていって欲しい。時間もかかるし援助もいるけれど、今回あえて二つのグループにしました。」

 

なるほど、その通りですね。できればリレーの順番も子どもたちで考えてみたらいいし、綱引きの勝つための作戦もチームごとに立てて欲しい。実際、振り付けも何だかんだいいながら、持ったスカーフが揺れるのがきれいに見えるようにと振ったり手をくるくる回したりしながらおもしろい振りを考えつき、チームで楽しそうに仕上げていました。ただ今、チームで振りを合わせられるようにシンクロに挑戦中です。

 

行事の見栄えだけを重視したら、先生が振りを考え、子どもの意見を最小限にし、みっちり教え込むと立派な発表ができます。でも、幼児の生活は行事のためにあるわけではありません。日々育てたい姿があって、その節目として行事があり、そこでその時にできる姿をお見せするものです。日々が充実していれば充実した発表になるし、感動にあふれていたら感動的な姿を見てもらうことができます。

 

当日の表情で子どもたちがどんな練習の日々を重ねてきたか感じていただければ幸いです。

2020年8月17日

虫苦手な人は閲覧注意

ラブリーなこれは何・・・?

皆さま。昨秋、メンガタススメガの幼虫がさなぎになったエピソードを覚えていらっしゃるでしょうか。

 

お盆休みが明けた本日17日、それとは別の1学期にみつけた幼虫→さなぎが孵っていました!

 

篠田先生が職員室に「Yくんのさなぎが孵りました!」と駆け込んできたので飼育ケースをのぞいてみると、うわお!

まさに保護色。どこにいるの?

 

はい、おいでおいで・・・

 

まさにメンガタ(面形)

立派な顔を持つ大きな蛾です。まさにメンガタ(面形)。とてもきれいです。

 

うさぎ組のYくんが登園するのは次は19日。蛾さん、それまで生きていてくれるかなあ。蜜を吸うっていうので、砂糖水を浸した綿を飼育ケーにいれておきました。

 

 

昨秋きりん組がスケッチした幼虫はこれ。

横から見るとカーブした黒い模様があったね足がいっぱい生えてたね。よく見ると緑色もあったよけばけばしたものが生えて大きくて迫力がありました

 

そしてこれがさなぎです。(演出あり)

つやつやのさなぎ

 

うさぎ組の子どもたちで調べたんですが、メンガタスズメガのさなぎって、土の中ですごすんですって!Yくんのさなぎは1か月足らずで孵りましたが、ペットボトルにいれておいた昨秋のさなぎは結局孵りませんでした。ごめんね。

 

こうして、おおきな芋虫の飼い方の知識を手に入れたのびのびの幼児&保育者でした。

2020年8月6日

サマークラス今年だけの夏組

ぼくの冠、イケてるでしょ

 

今年はお泊りを無くして、夜8時に帰ることにしたサマークラス。これはこれで、たいへん充実した1日でした。5歳児きりん組の表情をお伝えします。

 

お泊り保育の目的は

①夏ならではの経験をして季節を楽しむ

②長い時間の生活を友達と一緒に過ごしクラスの絆を深める

③家庭を離れて宿泊し自立への自信を育む、などがあります。

 

③は今年は叶いませんが、少しでも子どもたちを成長の糧となるようプログラムを組みました。

花笠イメージ

まず、送ってきてくれたお家の方の前で2か月練習してきた八木節を披露しました。(写真はイメージです)みんなで唄を歌い、生き生きと花笠で踊りました。たくさんの拍手をいただきました。

 

開校式

開校式です。園長先生の周りに集まり、お話を聞きます。

 

鍾乳洞に向かいます神秘的な鍾乳洞

バスで小平の里へ。小平の鍾乳洞の中はひんやりして冷蔵庫みたい。暗くて神秘的な鍾乳洞。とても長い時間かけてこんな形ができました。そしてそのまま徒歩で親水公園へ。

 

やっほー!水分補給。あっ、凍ってる水着になって、さあ出発だ

おやつを食べて、アスレチックでひと遊び。水着に着替えて午前のメインイベント、川遊び!

 

うわっ、水つめたっ今年は水の流れが激しい でも行かずにはいられない滝に当たる肝試し

 

園に帰ると、そうめんと揚げたての天ぷらが待っていました。

いんげんは園で採れました園の畑で採れたスイカ この間のより赤いよちょうだいちょうだい あっ、温かい

 

お昼寝をして、びっくりぱんづくりとキャンプファイヤーの薪ぐみ。

私の作ったパン、どれかな?オシロイバナは夕方に咲く 髪に飾るおしゃれさんキャンプファイヤーの材料になるんだって

 

焼きたてびっくりぱん、カレーにつけてもおいしいよ。

おいし💛

そして、キャンプファイヤー。まだ薄明るい感じではあったのですが、火の迫力に見入る子どもたち。

火の神様たちおごそかに登場大きな火願いごとを心に浮かべて火を吹き消すんだって

 

これは卒園までに一度だけあるお楽しみタイム。内緒なので少しだけ公開。さてみんなの視線の先にあるものは……?!

みんなの視線の先にあるものは・・・

 

夜になりました、閉校式。楽しかったね。ご褒美をもらって帰ります。ご褒美は先生手作りのバッジとひまわりのポッド。

 

外は真っ暗夜になりましたあ、かわいいバッジ

 

例年のお泊り保育は、ここから夜を超すという大イベントがあり、先生たちも集中力の配分を考えて夕方から過ごすのですが、今年は全力で一日を駆け抜けた感じです。子どもたちもそうでしょう。こういうのもいいなあ、と考えさせられた令和2年のサマークラスでした。いつもと違っても最高の夏!

 

桐生、みどりの美しい夏の景色をおまけに載せます。まずは動物編。写真をクリックでキャプションが読めます。

ミミズ!

カエル。鍾乳洞の門番のよう。

今年も会えたね、セミの抜け殻くんおやいつのまに?清水さんに乗っているアマガエルこんな大きさ。可愛💛これは何トンボ?

 

次は風景編。

よく見るとわかるのですがセミの抜け殻が天に向かって並んでいます

しぶき!マイナスイオン発生川沿いの遊歩道。歩いていってみたいね

 

個人写真は8月末はいチーズで販売します。お買い求めください。

2020年7月17日

不審者侵入防犯訓練

まるでだれもいないような保育室…

 

14日(火)、不審者侵入を想定した防犯訓練が行われました。

 

10時に暗号の放送があると、子どもたちは先生の指示に従って静かに集まります。園中のサッシのカギをかけて、あっという間にシーンとする園内。

 

2階のカーテンのない部屋。外からはまったく見えません。カーテンのある1Fの部屋はすぐに閉めて奥の小部屋に隠れます。まるで休日のよう。人気を感じません。

 

10分間静かにする練習をします。この10分とは、警察に通報し到着までの時間の平均+α分です。

 

危険が去ったことを合図する放送が流れ、子どもたちは緊張を解きます。あってほしくないことですが、もし暴力的な侵入者があったときどうすれば子どもを守れるのか、訓練しておかなければなりません。実際には、子どもを守り避難させる役、通報する役、必要なら犯人に対峙する役に分かれて動きます。

 

事前に訓練を知らされていた組と内緒で行った組がありましたが、みんなおしゃべりをしないで静かにしていることができました。小さい組もただならぬ雰囲気を感じ取り、緊張感をもっていられました。

 

その後、訓練の意味を知らされ、大きな声を出す練習もしました。3歳以上児は「いかのおすし」の約束の確認。いかのおすしってなんでしょう?お家で聞いてみてくださいね。(後日種明かしをします。)

知らない人にはついて「いか」ない・・・