認定こども園 のびのび幼稚園

ブログ

2019年6月18日

あやまるって、難しい

ごめんなさい。いいよ。

今日、幼稚園の備品を壊してしまったAくんがあやまりにきました。

 

備品なんて壊れるのはあたりまえですし、子どもが壊してしまうなんてしかたないのですが、「けじめとしてあやまる」ことをしてもらっています。

 

子どもにとって、職員室で園長や教頭にあやまるのは一大事です。恥ずかしいし、後悔でいっぱいで、無意識のいたずらによってものを壊した場合は自分をダメなやつだと責めます。でも、あやまることのない人生なんてありえません。失敗した!と思った時に頭を下げることを覚えておかなければなりません。

 

Aくんは、担任のB先生に連れられて職員室に入ってきましたが、なかなか「ごめんなさい」が言えません。B先生に「あやまりに来たんだよね」「一緒に言おうか」と励まされても、床に寝転がってしまいました。字の書ける子どもだったので、教頭が「書いてもいいよ」と提案してボールペンとメモ用紙を渡すと、「書けないよ」とB先生に寄りかかってしまいます。

 

10年保育者ベテランB先生は、「言葉でもあやまれない、書くのもできないってていうのは先生いやだな。どっちかでしてください」と追い込みます。そしてしぶしぶ書いたのが、上の写真のことば。書いた後、Aくんは頭を下げダンゴムシのように丸まってしまいました。土下座したわけではないでしょうが、恥ずかしくて情けないのに精一杯謝罪したことが伝わってきました。

 

そして、紙の上の方をよく見ると

バツバツ、バッテン。

バツが二つ書いてありました。字をまちがえたのかな?それとも自分につけたのかな?

 

失敗したと思った時に頭を下げることを覚えておかなければならない、と先ほど述べましたが、もう一つ覚えたほうがいいことがあります。それは、誠意をもってあやまれば、許されることがあるということです。(幼稚園の場合、ほとんど許されます。)特に完璧主義の子どもや、1かゼロかで考えがちな子どもは、失敗すると、世の中全てに叱られたように感じて世を儚んでしまうことがあります。大げさでなく。こうして自分を傷つけ続けてしまうと、あやまるどころか失敗を隠そうとしたり、失敗を認めないようになったりするのです。自分に置き換えても心当たりがある人はいませんか?

 

失敗してもいいんだよ。だまって逃げずに来られてえらかったね。あやまってくれて先生は嬉しかった。このことはけじめがついたから終わりにして、次に進もう。

 

覚えたての字で、こんなふうに書いてくれる子を本気で怒ることなんてできません^^。(表向き、最初は怖い顔をしますけどね。)

2019年6月14日

ルールを守るからこそのおもしろさ

子どもたちが型抜きをして切り抜き、黄と白を表裏にのりで張り付けました。

 

本日、教育実習生の責任実習日で、5歳児きりん組の主活動「リバーシゲーム」を見学しました。遊戯室のコートの中で、表と裏で色違いの直径20cmほどのパネルを表裏返し合って数を競うゲームでしたが、たいへん盛り上がりました。

 

その中で、指導案に書かれた幼児の実態として「思い違いなどでトラブルが起こることがある」というくだりがありました。これが実際に起こるのを見るのが、最大の楽しみ…いえ、ポイントでした。どっちが速くめくったか、とか、笛の合図でやめられたとかやめられないとかで言い争いがおこるだろう、そうしたらどう解決させるのだろうとわくわくしていたのです。大切な学びですからね。

 

しかし、意外にも子どもたちはクリーンでした。ルールをよく理解して守り、友達の指摘を受け入れ、ゲームは続きました。ルールを守るからこそゲームはおもしろいというのがよく身についているようです。

 

これは、2歳、3歳からシンプルな鬼ごっこを楽しみ、今ではドッチボールを自分たちでグループ決めして行えるようになった日々の遊びの積み重ねがあるからだろうと思います。

 

子どもを放っておくと、強い者(声の大きい者)の意見が通りがちです。思い違いのトラブルは、人見知りで気持ちを表現できない子、言葉をうまく操れない子、理解がゆっくりな子は置いていかれます。そこで、ルールを守ることの必要性が共有されてれいれば、見ていた友達が「それはルール違反だ」と指摘し皆が意見を出し合い納得することで、秩序は保たれていくのです。結果、心地よい。

 

学校でルールを守るというと、短髪や服装を強制されたりすることを思い浮かべる人がいるかもしれませんが、「ルールを守るからこそ得られる面白さ」でいうところの「ルールを守る」は、上から与えられた規則にしたがうことではありません。みんなでこうしようと合意して守っていく、だからうまくいく。集団の基本を幼児期に気づかせていきたいものです。

2019年6月10日

さて、なんでしょう?

?

これは、なんでしょう?チャック?治りかけの傷?はしごの上から風船を飛ばそうとしている?

 

ひっぱるときにちくちくした

答えはこれ。

 

ぬけた!赤いよ。私とどっちがかわいい?

二十日大根(はつかだいこん)でした。

 

二十日より一週間ほど長く植えてあったので、今年はなんだか例年より大きいです!年長さんみんなで収穫しました。

 

テーブルの上に置いて観察しながら、子どもからはたくさんの気持ちが溢れ、先生がいろいろな言葉を引き出しました。葉っぱがちくちくしていたとか、おいしそうだとか、虫に食われていたとか。

 

さて、味見です。。並んでね。

ぱくっ。あれ、甘い?ううん、しょっぱいよ。あれ、からくなってきた?

口に入れると、まず果糖が甘くひろがり、塩もみのしょっぱさが次にきて、最後にからくなります。う~ん、深い味わい。

 

さあ、描いてみましょう。

コンテを使って色を混ぜると二十日大根らしくなるね。葉っぱは、こんな感じかな。

言葉も添えました。感動いっぱいの作品ができました。一部を紹介します。写真をクリックして言葉も読んでくださいね。

 

はっぱがいたかったそうか。ちくちくしてたもんね。

ぬいたあとめにすながはいちゃった根っこにたくさん土がついてるね。目にはいっちゃうはずだ。

 

 

ひっこぬいておもたかった重たかったから、たくさん描いたんだね。

つちにいるとむしにたべられちゃいやだからきをつけてそうだね。逃げられないから二十日大根もたいへんだね。

たのしかったシンメトリーで美しいよ。

ぬくのがたのしかった むしがはっぱをたべた虫食いまで描いた人は少なかった。ナイス。

 

『採りました、さあ描きなさい』では描けないものです。苗植えから、水やり、収穫、観察、味見までして、完成したそれぞれ渾身の一枚です。他の作品は、2月の作品展で飾ります。

 

 

2019年6月7日

最高のプール開き

もう、サイコー!

ついにプール開き!快晴の6月6日、全クラスがプールに入ることができました。

 

見てください、この満面の笑み。

 

きもちいー!やったー!わにで、す~い。

 

水遊びの意義を説明しようと思いましたが、写真で見ていただくのが一番かと。

 

プールに入れない子は、サイドで水遊び。これも楽しい。ひよこ、初めての子も^^早く水につかりたいよう。

 

これからも、天気のいい日はたくさんプールに入ろうね^^

 

(たまご組とにじ組、はと組も水遊びを楽しんでいました。こちらのレポートはまたのちほど^o^/)

2019年6月5日

誕生日は特別な日

パパが生まれたときのお話をしてくれた。

のびのび幼稚園では、3ヶ月に1回誕生会を催しています。6月4日は、4・5・6月生まれの誕生会でした。

 

その日は、お家の方も招待して、お子さんが生まれたときの思い出やエピソードをお話ししていただきます。写真や着ていたベビーウェアを持ってきてくださる方もいて、子どもたちは興味深々です。

 

大人になると、自分の誕生日を意識することも少なくなりますよね(私だけかな)?でも、子どもにとっては、とても嬉しい特別な日のようです。

 

給食も、子どもに人気メニューのハンバーグとゼリーアラモード。(『今日の給食』のページ6月4日を参照ください。)給食後、ひよこ組のH君がRちゃんに、「ねえねえ、まだ3歳?ぼくなんか4歳だよ。」と得意げに語っているのを目にしました。大きくなったことが嬉しいのか、お祝いしてもらえたことが嬉しいのか、顔はキラキラ輝いています。言葉にはできないけれど、生まれてきた喜びをかみしめているのでしょう。

 

お誕生日おめでとう。生まれてきてくれてありがとう。あなたとのびのび幼稚園で会えたこと、幸せな時間を共有できることをうれしく思います。

 

 

そうか。年を取ることばかり考えるから、大人は誕生日を忘れちゃうんだ。自分が生を授かった日・・・次の誕生日は自分でも心から祝ってみることにしましょう。

2019年5月21日

初めてのファンレター💛

お手紙渡せた^^

 

5月20日にポチっとくん体操の撮影があったことは「お知らせ」にも載せましたが、今回のブログはうさぎ組のレポートです。

 

ポチっとくんが来ることは4月から知らせ、この日を楽しみにしてきた4歳児うさぎ組。ポチっとくんにあげようと、お家で似顔絵を描いてお手紙にしてきたお子さんがいました。大切にポケットにしまい、ポチっとくん登場のとたん、広げて遠くから一生懸命見せていました。

 

この写真は、体操の映像撮影の後のクラス記念撮影で、直接お手紙を渡しているところです。嬉しそう💛

 

現在、手紙で気持ちを伝えることは少なくなっています。大人になると、ツイッター、メールやラインで文章や短い言葉を送ることがほとんどでしょう。だからこそ、絵や文字が気持ちを表すことができ、伝えることができたという幼児期ならでは体験は貴重なものです。

 

絵や文字は、実はすごいです。話す言葉はその場で消えてしまいますが、紙にかけば、気持ちや感動を残る形で表すことができます。文字を操れるようになるまでに、幼児は身近なものとかかわって感性が育ち、身近な人と気持ちが通じ合う経験をしていきます。その土台の上に、絵・ことば・文字という道具を得て、頭の中のことを外に向かって伝えられるようになっていくのです。書いて(描いて)伝えられたという喜びを経験した子どもは表現の力を知り、また書いてみようと思うことでしょう。

 

幼児期に必要なのは、文字をたくさん正確に書けるようにすることではなく、こうした「伝えられる実感」を育むことではないかと思うのです。

 

そうはいえ、手紙をかくのは、4歳児にとって高度。まず、伝えたい気持ちを大切に育みたいと思います。ファンレターかきたいな、その環境づくりをしていきますね。

 

今、ユーチューバーになりたいという子どもがとても多いそうですね。目立ってなんとなくかっこよさそう…ではなく、表現したいことが核にあって、伝わる喜びを知っている、そういう人物が人の心を動かせるコンテンツを作れるのではないでしょうか。卒園生に魅力的なユーチューバーが現れることを願います^^。

ぽちっとくんかわいい。さわりたい💛 ポチっとくんとうさぎ組集合写真

 

2019年5月17日

「ハチ激取れ」設置

けっこうな威力!ハチ激取れ

今の時期、女王バチが巣作りを始めるため、ここでクイーンビー捕獲ができれば、夏、それから秋の運動会練習シーズンに働きバチが飛び回ることがありません。

 

本日、園のまわり8か所に、トラップをかけました。その名も「ハチ激取れ」。(激ナントカといういい方は、日本語として完全に定着したのですね。50代以上のおじいちゃん・おばあちゃんの世代は違和感を感じる人もいるかもしれません^^;。)

 

本当は、GW中くらいがよいのですが、少し遅くなってしまいました。効果を期待したいです。

地面から1.5m~3mに設置するのが効果的。

設置しているのを興味深そうに見ていた子どもたち。昨年のものを引き上げたら、ハチの姿もわからなくなっているような残骸でいっぱい。大人は見たいとも思いませんが、子どもたちは我先にのぞき込み、「頭だ!」「ハエがいる!」ととてもおもしろそうでした。

 

そうだね、見たいよね。教頭も子どもの頃ゴキブリホイホイはよく観察していました。

2019年5月16日

本部役員、お疲れ様でした。

新旧役員交代、花束贈呈

本日PTA総会があり、旧本部役員が退任しました。この代はなり手がなく、くじ引きで決まった方々で、全員仕事を持っていました。

 

決まった時は、ずいぶん不安とストレスがあったことと思います。園も「幼稚園に協力できる専業主婦の家庭が多数」との認識をあらため、誰でもできるようなPTA本部役員にしなければならないと、活動改革に拍車をかけた2年間でした。

 

しかし、こうした退任した方々のほっとした笑顔をみると、たいへんでも、やっていただくのは悪いことばかりじゃないなあとあらためて思います。1年前、会長を引き受けてくれたAさんの決心した美しい表情は忘れられません。いやだ、不安だと思っても、仲間と協力してやり遂げてくれた姿勢は尊敬に値します。人を尊敬できる気持ちは、とても幸せです。

 

新本部役員から、旧本部役員に慰労の花束が渡されました。新本部役員はすでにチームワークはできているようです。楽しい充実した1年になりますよう、園も協力していきます。

 

 

 

2019年4月11日

続・卒園式

4月8日、桜満開の小学校の入学式。終了後、新1年生たちがランドセル姿を見せにきてくれました。

CIMG3867CIMG3874CIMG3871

誇らしげな表情を先生・職員に見せてくれた後、園庭でがんがん遊び始めました。遊具に登ったり、サッカーをしたり。おめかしが泥だらけ!

CIMG3869

こうした姿を見ると、卒園式からつながっているなあ、と思います。卒園式の練習の時は、「大きくなるためにはちょっと大変なことをやり遂げられなければならない」と伝えて、長い時間姿勢をよくし、集中して動くことを頑張らせます。入学式後に園に来てくれるのは、「ほら、頑張ったから1年生になれたでしょ。」と報告に来てくれたように感じられるのです。ここまでが卒園式なのだなあと。

 

 

自分が安心して出せ、大人や友達を信頼し、少しくらいつらいことも逆に楽しんで乗り越えられた幼稚園時代。これからはそうとばかりはいかないことに子どもたちはだんだん気づいていくでしょう。正しいと思うことだけが通用するわけではありません。年をとるにつれ、ずるさや割り切り、場合によっては手を抜いてうまく立ち回ることも必要になります。そうだとすれば、幼稚園があまりに恵まれた環境であるのはマイナスなのでしょうか…?

 

それでものびのび幼稚園は、今まで通りでありたいと思います。子どもたちが思うような自分でなくても自分の存在を肯定でき、頑張ることが価値だと信じられ、生涯心の基地となり得る場所でありたいと。そうでなくちゃ、この仕事やっていてもつまらないですからね^^

お兄ちゃんの入学式が終わり、今日は早お迎え。3月に植えたチューリップが次々咲いています。

2019年3月6日

2歳児だって、登れるもん

本日3月6日(水)、2歳児にじ組満3歳児おひさま組合同で、進級記念遠足に行ってきました。まず、この写真をご覧あれ。

先頭が見えないほどの急な上り坂。

 

岩宿遺跡横の琴平山です。急でしょ?頂上でジュースとビスケットのおやつを楽しみに、みんなでがんばって登りました。途中で「疲れた~」と弱音が聞こえることもありましたが、先生たちは笑顔で「大丈夫。登れるよっ」と励ましていきました。

 

おいしい💛

 

下りも怖いくらいの急坂です。おしりを地面につけてそろそろ下ります。

汚れちゃう。今はいいんだよ。

 

さて、下山(?!)して、帰る予定時間になっていたのですが、駐車場隣の公園を目の前にして帰るのはあまりにも可哀そう・・・ということで、10分だけ遊ぶことにしました。ご褒美ですもの。

ぼくが乗る。いえ、私。勝った!こっちの方が面白そうだから、いいもん。

 

帰りのバスは、2歳児なりのほのぼのとした達成感にあふれていました。みんな、ひよこ組になれそうだね^^

人数が多いので、2台のマイクロバスで。新鮮で楽しい。