認定こども園 のびのび幼稚園

ブログ

2019年7月24日

お泊り保育が明けたら、梅雨も明けた☀

今年もようこそ♪

7月23日から24日にかけて、年長きりん組は幼稚園でお泊り保育を行いました。

園としては恒例行事ですが、子どもにとっては生まれて初めての大冒険。緊張した面持ちながらも目をキラキラさせて開校式に参加します。

開校式。びしっつええっ、「せんせえ~、やってえ」はだめなの?できないことは「手伝ってください」って言うんだって。けじめとしての礼。三で頭をあげるんだよね。

小平の鍾乳洞。まだ梅雨の気配が残っています。(今年から引率職員にも入場料がかかることに。10人で3,100円!)

内部は室温1℃。まさに冷蔵庫。水のしたたりが長~い時間をかけて、おお~きくてひろ~い石灰岩という石に空間を作ったんだって。

暗くてちょっとこわい。

???どうやって?

すごい。ちょっとこわい。

そして!晴れて暑くなってきたので、予定通り親水公園へ!

今年もいっぱいあったよ、セミの抜け殻。いざ、水辺へ。度胸試しだ!31秒、僕がチャンピオン

そうめんの昼食後、お昼寝。川遊びで使った濡れた靴がきれいに並べて干してあります。そして保育室前の上靴。

きれいに並んだ川遊びで履いたくつ。となりに並べていったら、こんなふうになっちゃった。興奮して寝られない子もいるみたい?少し体を休めましょう。

お昼寝の後、スイカ割りを。声を聴いて右や左に移動したり、見えない友達の気持ちになって大きな声で教えたり。感覚を鍛える要素が色々あることに今年初めて気づきました。甘くておいしいスイカ。

もっと右!えっ、右ってどっち?!

おいしい。おかわり4個め

さあいよいよキャンプファイヤーです。火は熱くて怖い。そしてとても便利なものです。

火の神様登場。熱い。おしり三つ下がりましょう。こんな大きい火を間近でみる機会はめったにありません。火の前で歌って踊って!

ああ、疲れたね。楽しかったね。寝つきもよかった今年のきりん組。夜中に大雨、雷。でも平気なんだ。友達と先生がいっしょだから。

すや~熟睡。シンクロナイズドドリーミング。

朝食は手作りびっくりパン。焼きたて、最高!

びっくりパン、うまくねじれたおーいしそう!ジャム、バター、マーガリン。お好きなものをおつけください。

閉校式を終え、ミニひまわりのポットをお土産に、みんな帰っていきました。空は梅雨明けのまぶしい青がのぞき見えていました。

 

自分たちで野菜を切ったカレー、就寝前の秘密の部屋、シャワーの下で友達と背中を流し合ったこと、早朝のカブトムシ探し…他にも他にも載せきれません。お家の方もご心配があったでしょうが、子どもたちは着々と外の世界に向かって歩き出しています。

 

生活の写真販売で、お泊り保育の写真も販売します。お楽しみに。

ママがいいって泣いたんじゃない?園長 そんな子いないよー。子ども(実はいました)一人一人にがんばりましたバッジ贈呈。最初で最後のお泊り保育。だから大切な思い出。

2019年7月22日

特別支援教育取り組みについての報告会

幼児教育研究部講演会 桐生市立東幼稚園にて

 

7月17日(水)、桐生市教育会幼児教育研究部から依頼があり、認定こども園のびのび幼稚園の特別支援教育の取り組みについて、理事長・須田が報告してまいりました。

 

昭和50年開園以来の試行錯誤や、現在有効であると思われる取り組みについて述べ、インクルーシブ教育の難しさを問題提起することができたかと思います。

 

特別支援教育は、①幼児の力を伸ばすこと(支援対象児、学級集団どちらも)②保育者の指導スキルの向上 ③保護者支援の三つの視点からバランスよく行われないと、どこかにひずみが起きてきます。やはり、専門性が必要な教育ですね。インクルージングは「理念」なので、実現にはいろいろ超えなければならないことがあります。今後も自園の取り組みで閉じず、外の園とも交流しながら進んでいきたいと思います。

 

 

 

私見ですが…、障害のあるお子さんが幼児期にいちばん支援されるべきことは、保護者に「この子を育てていける」という希望をもってもらうことじゃないかと思います。そのためには、難しいテクニック云々より、「幼稚園で先生が子どもを心からかわいがってくれた。」「お友達が仲間として受け入れてくれた」それさえあれば、他の「〇〇ができるようになった」なんて、些細なことかと。

 

のびのび幼稚園は自園の方法を深めているので、特別支援をお勧めした方から入園を断られることがあります。しかし、別の決まった園でそうした希望をもっていただければそれでよい。一番はそのお子さんの幸せですから。

 

はと組については、現在のホームページの文は開設当初のもので理念性が強い書き方になっています。4年たち、実際の保育で具体的な発展をしていますので、8月いっぱいくらいに最新の内容を公表できれば、と考えています。関心のある方はお訪ねください。

2019年7月18日

寂しい…

7月15日(祝)朝、やはりつばめの巣は壊されていました。悲しいので、写真は載せません。落ちた巣から1mほど離れたところに小さくて柔らかそうな羽が散らばっていました。

 

やっぱりカラスか?それとも人気(ひとけ)がない時に下からいつも見上げていた白黒猫がいたのでヤツか?残念です。こいのぼりのをかざる園庭の鉄線に、寂しげなつばめのつがいの姿がありました。

曇天に 2羽の燕 涙もなし

 

どうしたら守ってあげられたかなあ、と思いますが、どうあってもあそこじゃ無理なんでしょう。カラスは浅知恵と前回載せましたが、雛が少し大きくなるまで待ったのだとしたら、やっぱり頭がいい。わかりませんが。

 

巣箱みたいに囲ってしまうか、カラスが入れないくらいの隙間をあけて金網を張り巡らせるか、来年考えなくてはならない課題が増えてしまいました。このままにはしておけないなあ。

2019年7月10日

三巣めの正直

まだ生まれたて。ぽやぽやが見えますか?

 

ゴールデンウィーク9連休明けの、ツバメの巣崩落はショックでした。

 

職員室前の柱の上の方につばめが巣を作るようになって3年目。今年も昨年の夫婦か、巣立った子どもたちが大人になってもどってきたのか、4月から巣作りが始まりました。親鳥が卵を温めている姿を見て、これは園児たちと巣立ちを見届けられるなと楽しみに連休に入ったのですが、無残にも巣は壊されていたのでした。そして崩れて散らばった土くれの周りからは、卵の殻が…(涙)!

 

犯人はカラスらしいです。天神様の杉林に住んでいるのですが、牧場のジャックとわさおのエサを取って行ったり、鶏の卵を飛来して奪っていったり、かなりのギャングぶりです。子どもに危険がありそうなら何か対策しなくてはならないですが、人気のない時に活動し、頭がいいったらありません。

 

夫婦はしばらく、崩れ落ちた巣の跡を飛び回っていましたが、あきらめたらしく数日たつとまた巣作りをはじめ、1週間後には二つ目が同じ場所に出来上がりました。しかしその巣は、味をしめたカラスによってあっという間に再び落とされ、粉々になりました。卵はまだ生まれていませんでした。カラス頭がいいといっても浅知恵でした。何もありつけなかったことでしょう。

 

さすがに懲りるだろうと思ったのですが、本能のなせる技か、つばめの夫婦はあきらめなかった。三たび巣をつくり、昨日みごと2羽の雛を孵したのでした。位置をずらして、職員室側の面だったのも良かったのかもしれません。ほら、親がエサを取ってくると、ぴよぴよかわいい声が聞こえますよ。

はい、ごはんだよー。もう少しで顔がみえそう。

 

巣立ちまでレポートできることを願います。

 

2019年7月9日

七夕のお願いごと

私は司会のRです。よろしくお願いいたします。

 

7月7日の夜は大雨で、天の川は全然見えませんでしたね。7月4日、幼稚園では七夕集会を行いました。

 

例年通り工夫をこらした手作りの七夕帽子をかぶり、学年で歌を披露し、先生たちの七夕の劇を観て、みんなでダンスを踊りました。先生たちの劇は、今年はスクリーンに天の川を映し出し、ハイクオリティな出来栄え。毎年の楽しみの一つになっています。(演じる側には苦労あり^^;)

 

さて、今回は短冊のお願いごとをご紹介します。

 

まずはこのカテゴリー。

ながなわ100かいできますように とびばこがじょうずになりたいさかあがりができますように

もう少しで手が届くお願いごとです。今取り組んでいることがわかりますね。その調子でがんばって!

 

うるとらまんのはいゆうになりたい かまきりせんせいみたいになりたいおうちつくるひとになりたい次は、大きくなったら〇〇になりたい編。あと、ケーキ屋さんになりたいなども女の子には多かったです。そして、少し小さい2歳や3歳のこどもたちは……

 

だだんだんにのれますようにぷりきゅあになりたい

アンパンマンやプリキュアが人気です。ほんとうにほんとうにおおまじめ。

 

ほろりとさせる短冊も。

ままのおてつだいがしたいです ぱぱのしごとをてつだいたい

パパ、ママ。愛されてますよ。

 

こんなお願いごとも💛

〇〇〇くんとけっこんできますように

 

大人はちらりとホンネを含ませつつ、楽しみながら飾りつけ。

のびのび広場の飾りより。ママのホンネ?^^ 色々含みをもたせた教頭先生の短冊(!?)。

 

なりたいものがある、かなえたい希望があるって、すてきなことだと思いませんか? 毎年大人もあいのりでわくわくしながらお願いごとを考えるのでした。

 

給食も七夕メニュー。7月4日の「今日の給食」のページをご覧ください。

2019年7月2日

親子バス遠足に行ってきました🚌

6月28日(金)とちぎわんぱく公園に親子バス遠足に行ってきました。

 

顔見せNGの方もいるので、ぼかし入れさせていただきました。雰囲気を感じ取ってください♪

 

子どもの城の中のしゃべる恐竜ももちゃんの前でクラスごとに記念撮影パチリ。

 

その後、自由行動でみんなでいろいろなところで遊びました。あいにく曇りで雨もときどきぱらついていたため、みどりの丘アスレチック広場で遊ぶ人は少なかったのですが、科学体験のできるふしぎの船や、おもちゃ博物館、ごっこ遊びのぱなぱなの町などで大いに楽しめたようです。

 

ぼくは2歳。でも、鉄道模型はたまりません!レジでバーコードをぴっとすると、ちゃんとレシートも出てきます。いらっしゃいませー。よう、おねえちゃん(先生)。オレの白バイ乗せてやろうか。

 

道を走るわんぱくトレインや、ももちゃんの首が動くところ、レジでバーコードをぴっとするところなど、子どもたちはよく覚えていて、週明けの遊びの中にも出てきました。今週は雨の室内遊びの時、子どもたちとバーコード付レジを作ってみたいものです。

 

あと、写真はないのですが、きりんの爬虫類大好き少年A君が、帰りにカナヘビを6匹捕まえて見せにきてくれました!季節ですねえ。帰りすがりで見つけてこの数ですから、本気で探したら20匹はくだらなかったろうと思います。実はA君のママも爬虫類大好きで、よく観察した後、群馬で逃がしてあげたそうです。カナヘビにとっても、ちょっとした遠足になったみたいですね^^;。

 

そして、C先生の特技が発覚!C先生実は四葉のクローバーを見つけるのが大得意。たくさん採って周りの先生に分けてあげていました。みんなに幸せが訪れますように💛

2019年6月25日

幻の魚入り塩ラーメン

幻の魚入り塩ラーメン

大型遊具の下で、お料理作りを楽しむ子どもたち。通りがかりに5歳児Rくんに「先生、塩ラーメン食べていかない?」と声をかけられました。

 

「いいねー!おいしいの作ってくれる?」と返事をしてカウンターに座ると、Rくんは松葉や草の実、砂を微妙に混ぜ、それはそれはおいしそうな塩ラーメンを作ってくれました。するとRくん、「ねえ、幻の魚ってある?(訳:マボロシノサカナってなんとなく聞いたことがあるんだけど、そういうのって本当にある?)」と聞くので、「うん、あるよ」と答えると、「じゃ、幻の魚の切り身を入れるね。」と何やら入れてくれました。

 

幻の魚ってこんな感じ?!

幻の魚?!リアルに考えると躊躇してしまいますが、いただくと、とてもおいしい味がし(たような気がし)ました。「わあ、おいしいねえ。」と感想を伝えると、Rくんはとても得意そう。

 

それを見ていた隣でいっしょに作っていた3歳児のYくんは「じゃ、ザリガニも入れますか?」「えっ、ザ、ザリガニはやめてください。」ザリガニは食べ物ではないイメージがありすぎるので、即答で却下。と、その隣にいた5歳児のAくんが「では、ロブスターにしましょう。」と代案を提示。「ロブスターはいいですね。お願いします。」そんなわけで、Aくんからロブスター入りおまめ入りびゃんびゃん麺なるものをおかわりにいただきました。となりでは、3歳児のMちゃんがちょこんと座り、いっしょに食べてくれました。

 

幻の魚とザリガニとロブスター。お料理の材料としてはとてもいっしょにならないでしょうが(笑)子どもたちは何の矛盾もなく自分のイメージと覚えた言葉を使ってままごとを展開します。自由です。

 

園の周辺で撮った写真をおまけに載せます。

モンシロチョウがいっぱい見られます。園の畑のキャベツの葉についたモンシロチョウの青虫の卵。孵してみたい💛このチョウ、何て名前だっけ。調べなきゃ。あっ、ベニシジミ

川沿いの雑木林からは、きれいな鳥の声が響いていました。梅雨の晴れ間の気持ちよい日。

2019年6月18日

あやまるって、難しい

ごめんなさい。いいよ。

今日、幼稚園の備品を壊してしまったAくんがあやまりにきました。

 

備品なんて壊れるのはあたりまえですし、子どもが壊してしまうなんてしかたないのですが、「けじめとしてあやまる」ことをしてもらっています。

 

子どもにとって、職員室で園長や教頭にあやまるのは一大事です。恥ずかしいし、後悔でいっぱいで、無意識のいたずらによってものを壊した場合は自分をダメなやつだと責めます。でも、あやまることのない人生なんてありえません。失敗した!と思った時に頭を下げることを覚えておかなければなりません。

 

Aくんは、担任のB先生に連れられて職員室に入ってきましたが、なかなか「ごめんなさい」が言えません。B先生に「あやまりに来たんだよね」「一緒に言おうか」と励まされても、床に寝転がってしまいました。字の書ける子どもだったので、教頭が「書いてもいいよ」と提案してボールペンとメモ用紙を渡すと、「書けないよ」とB先生に寄りかかってしまいます。

 

10年保育者ベテランB先生は、「言葉でもあやまれない、書くのもできないってていうのは先生いやだな。どっちかでしてください」と追い込みます。そしてしぶしぶ書いたのが、上の写真のことば。書いた後、Aくんは頭を下げダンゴムシのように丸まってしまいました。土下座したわけではないでしょうが、恥ずかしくて情けないのに精一杯謝罪したことが伝わってきました。

 

そして、紙の上の方をよく見ると

バツバツ、バッテン。

バツが二つ書いてありました。字をまちがえたのかな?それとも自分につけたのかな?

 

失敗したと思った時に頭を下げることを覚えておかなければならない、と先ほど述べましたが、もう一つ覚えたほうがいいことがあります。それは、誠意をもってあやまれば、許されることがあるということです。(幼稚園の場合、ほとんど許されます。)特に完璧主義の子どもや、1かゼロかで考えがちな子どもは、失敗すると、世の中全てに叱られたように感じて世を儚んでしまうことがあります。大げさでなく。こうして自分を傷つけ続けてしまうと、あやまるどころか失敗を隠そうとしたり、認めないようになったりするのです。人のせいにしたりもします。自分に置き換えても心当たりがある人はいませんか?

 

失敗してもいいんだよ。だまって逃げずに来られてえらかったね。あやまってくれて先生は嬉しかった。このことはけじめがついたから終わりにして、次に進もう。

 

覚えたての字で、こんなふうに書いてくれる子を本気で怒ることなんてできません^^。(表向き、最初は怖い顔をしますけどね。)

2019年6月14日

ルールを守るからこそのおもしろさ

子どもたちが型抜きをして切り抜き、黄と白を表裏にのりで張り付けました。

 

本日、教育実習生の責任実習日で、5歳児きりん組の主活動「リバーシゲーム」を見学しました。遊戯室のコートの中で、表と裏で色違いの直径20cmほどのパネルを表裏返し合って数を競うゲームでしたが、たいへん盛り上がりました。

 

その中で、指導案に書かれた幼児の実態として「思い違いなどでトラブルが起こることがある」というくだりがありました。これが実際に起こるのを見るのが、最大の楽しみ…いえ、ポイントでした。どっちが速くめくったか、とか、笛の合図でやめられたとかやめられないとかで言い争いがおこるだろう、そうしたらどう解決させるのだろうとわくわくしていたのです。大切な学びですからね。

 

しかし、意外にも子どもたちはクリーンでした。ルールをよく理解して守り、友達の指摘を受け入れ、ゲームは続きました。ルールを守るからこそゲームはおもしろいというのがよく身についているようです。

 

これは、2歳、3歳からシンプルな鬼ごっこを楽しみ、今ではドッチボールを自分たちでグループ決めして行えるようになった日々の遊びの積み重ねがあるからだろうと思います。

 

子どもを放っておくと、強い者(声の大きい者)の意見が通りがちです。思い違いのトラブルは、人見知りで気持ちを表現できない子、言葉をうまく操れない子、理解がゆっくりな子は置いていかれます。そこで、ルールを守ることの必要性が共有されてれいれば、見ていた友達が「それはルール違反だ」と指摘し皆が意見を出し合い納得することで、秩序は保たれていくのです。結果、心地よい。

 

学校でルールを守るというと、短髪や服装を強制されたりすることを思い浮かべる人がいるかもしれませんが、「ルールを守るからこそ得られる面白さ」でいうところの「ルールを守る」は、上から与えられた規則にしたがうことではありません。みんなでこうしようと合意して守っていく、だからうまくいく。集団の基本を幼児期に気づかせていきたいものです。

2019年6月10日

さて、なんでしょう?

?

これは、なんでしょう?チャック?治りかけの傷?はしごの上から風船を飛ばそうとしている?

 

ひっぱるときにちくちくした

答えはこれ。

 

ぬけた!赤いよ。私とどっちがかわいい?

二十日大根(はつかだいこん)でした。

 

二十日より一週間ほど長く植えてあったので、今年はなんだか例年より大きいです!年長さんみんなで収穫しました。

 

テーブルの上に置いて観察しながら、子どもからはたくさんの気持ちが溢れ、先生がいろいろな言葉を引き出しました。葉っぱがちくちくしていたとか、おいしそうだとか、虫に食われていたとか。

 

さて、味見です。。並んでね。

ぱくっ。あれ、甘い?ううん、しょっぱいよ。あれ、からくなってきた?

口に入れると、まず果糖が甘くひろがり、塩もみのしょっぱさが次にきて、最後にからくなります。う~ん、深い味わい。

 

さあ、描いてみましょう。

コンテを使って色を混ぜると二十日大根らしくなるね。葉っぱは、こんな感じかな。

言葉も添えました。感動いっぱいの作品ができました。一部を紹介します。写真をクリックして言葉も読んでくださいね。

 

はっぱがいたかったそうか。ちくちくしてたもんね。

ぬいたあとめにすながはいちゃった根っこにたくさん土がついてるね。目にはいっちゃうはずだ。

 

 

ひっこぬいておもたかった重たかったから、たくさん描いたんだね。

つちにいるとむしにたべられちゃいやだからきをつけてそうだね。逃げられないから二十日大根もたいへんだね。

たのしかったシンメトリーで美しいよ。

ぬくのがたのしかった むしがはっぱをたべた虫食いまで描いた人は少なかった。ナイス。

 

『採りました、さあ描きなさい』では描けないものです。苗植えから、水やり、収穫、観察、味見までして、完成したそれぞれ渾身の一枚です。他の作品は、2月の作品展で飾ります。