のびのびこども園

園児募集

令和7年度4月入園願書6月配布開始

【募集】
0歳児 6名(途中入園受け入れ可能)
1歳児 5名
2歳児 9名
満3才児教育認定途中入園6名
個別支援ステップクラスはと組教育認定1名
3歳児・4歳児・5歳児 若干名(令和6年6月1日現在)

下記をクリックして、お住いの市の入園までの詳細をご覧ください

1.
9月17日以降、願書を園に提出する >◆定員内であれば1号教育認定は入園が内定します
2.
園から「子どものための教育・保育給付認定申請書」他、市に提出する書類を受け取る
3.
9月17日(木)以降、電話で桐生市子育て支援課に予約を入れ☎47-1153、入園面談を行い入園に関する書類を提出する。
4.
支給認定証が発送される。2号・3号保育認定は市の利用調整が入る。12月下旬利用調整結果通知書が発送される。
令和7年1月頃入園が決定します 書類提出が11月以降の方は決定が遅くなります
1.
9月17日以降、願書を園に提出する
2.
市の入園窓口(*)で「教育・保育給付認定申請書兼入所申込書」他入園手続の書類を入手する
*笠懸の方→本庁のこども課、大間々の方→支所の大間々市民生活課  東支所でも入手可能
◆定員内であれば入園が内定します  
9月30日までに、のびのびこども園に「教育・保育給付認定申請書兼入所申込書」を提出。園を通じて、市に書類を送付します。
令和7年1月頃、入園が決定します
10月(市の指定日)までに、市の入園窓口(*)に「教育・保育給付認定申請書兼入所申込書」等、入園に必要な書類を提出
*笠懸の方→本庁のこども課、大間々の方→支所の大間々市民生活課
みどり市と桐生市の利用調整が入ります
令和7年2月から3月頃、入園が決定します
1.
9月17日以降、願書を園に提出する
2.
市の入園窓口(*)から入園に必要な書類を受け取る  *本庁の「子ども保育課」、赤堀支所の「住民福祉課」など
◆定員内であれば入園が内定します  
指定日までに、市の入園担当窓口に入園書類を提出
令和7年1月頃、入園が決定します
10月指定日までに、市の入園担当窓口に入園書類を提出  
その後居住市と桐生市の利用調整が入ります   
令和7年2月から3月頃、入園が決定します

年度途中の入園について

園児

定員に空きがある場合は、年度途中の入園を受け付けます。
手続きの流れは4月入園の場合とほとんど変わりませんが、入園希望の月の前月の10日を入園願書提出の締め切りとします。
今年度令和6年度、若干名入園可能です。

用語解説

※この保育時間はのびのびこども園のものです。各園によって保育時間の設定は異なりますのでご注意ください。

1号認定(教育標準時間認定)

お子さんが満3歳以上で、9:00~14:00 教育課程の時間の保育を希望される方

2号認定(保育認定)

満3歳以上の年齢で、保育が必要な理由があり、長時間の保育を希望される方

保育短時間認定 8:30~16:30

保育標準時間認定 8:00~最長19:00

3号認定(保育認定)

満1歳から2歳までの年齢で、保育が必要な理由があり、長時間の保育を希望される方

保育短時間認定 8:30~16:30 保育標準時間認定 8:00~最長19:00

満○歳とは

誕生日が来る前の日に、満○歳になります。

例)令和3年8月25日生まれのお子さんは、令和6年8月24日に満3歳になります。

令和6年9月以降1号認定で入園すると、6年度の終わりの令和7年3月31日まで、満3歳児です。

在園が継続されると、令和7年4月1日から3歳児となります。

保育が必要な理由とは

●就労(パートタイム、夜間労働、在宅ワーク等すべての就労を含みます) ●妊娠出産 ●保護者の疾病・障害 ●災害復旧 ●親族の介護、看護 ●求職活動中 ●就学(職業訓練含む) ●虐待やDVのおそれがあること ●育児休業中の継続利用