認定こども園 のびのび幼稚園

ブログ

2018年10月

2018年10月25日

引き渡し訓練

10月24日(水)大きな地震が起きた想定で、子どもの引き渡し訓練を行いました。お仕事の休憩時間を調整していただいたり、おじいちゃん・おばあちゃんにお願いしていただいたり、ご協力ありがとうございます。また、新里東小の学校行事と重なってしまい、保護者の方には泡立たしい思いをさせてしまいました。申し訳なかったです。

 

平成23年の東日本大震災から時が経ち、記憶が薄れつつありますが、全国で大きな地震は頻繁に起きています。群馬県でも、818年に弘仁地震と呼ばれる大きな地震があり、新里にも大久保断層という活断層があることが発掘調査で確認されています。大きな地震があったとき、「安全に」「確実に」「速やかに」子どもを保護者に引き渡せるか、園にとっては大切な訓練です。

 

お疲れ様です。ご協力ありがとうございます。

 

駐車場には本当の地震の時は係をおけないかもしれないので、保護者にお任せして駐車していただきましたが、スムーズでした。

ゆずりあい、速やかに出入りしていただきました。のびのびは保護者がいい(T^T)

 

「引き渡し訓練」メールを受信してから園まで迎えに来るという手順なので、遠い方は少し時間がかかります。子どもを励ましながら、お迎えを待ちます。

ぼくのママ、まだ?大丈夫、きっと迎えに来てくれるよ。

 

確認記録は大切です。

 

誰が何時に迎えに来たか、知らない人であれば引き渡しカードがあったか、メール受信の確認返信があったか、いざというときに保護者と連絡がとれる体制にあるか、ポイントをチェックしていきます。

 

今年は、スポーツクラブの曜日と重なって、引き渡し後クラブに参加するお子さんが多く、落ち着かなくなってしまいました。本来は、家に着くまでが避難訓練。帰る時に、ここは危ないかもしれない、安全に回り道はあるだろうかなどど考えながら、お子さんとお話して帰っていただきたかったのですが、叶いませんでした。何かの機会にご家庭でしていただけるとありがたいです。来年は日程を組む時、気を付けます。

2018年10月24日

今年は不作でしたが・・・

掘れたよ!

9月18日(木)さつまいも掘りを行いました。今年はやや不作でしたが、コンテナ一つはいっぱいになりました。味は良かったので、給食ではみんな舌鼓。9月18日の「今日の給食」のページも併せてご覧ください。職場体験の中学生が来ていたのですが、最後の感想で「さつまいものてんぷらが美味しかったです」と言っていました^^

2018年10月24日

10/16動物ふれあい教室

恒例のきりん組動物ふれあい教室を行いました。講師は地元カール動物病院の長島先生です。

 

園で世話をしているうさぎの心音と人間の心音を比べたり、動物の質問に長島先生に答えていただいたり、楽しく有意義な時間を過ごしました。

 

自分の心音を聞いてみよう。奥の男子の列はうさぎの心音を聞いているところ。やさしくなでてあげましょう。かわいいな。質問のある人!はいっ。

 

質問1 何でトラは、黄色と黒のもようなんですか。 回答1 エサをとるために、この模様が都合がいいのです。闇の中にも溶け込んで見えなくなります。 質問2 家で飼っているひばりのパグは、どうしてかわいいのですか。 回答2 愛情をもって育てているからです。でも、動物はどれもかわいいよ。(さすが獣医さん^^) 質問3 何でぞうはりんごを食べるんですか。 回答3 ぞうはりんごが大好きなんです。でも野生ではりんごはあまりない。動物園では草の量を確保するのが難しいため、(カロリーの高い)りんごをあげています。・・・・(そうだったんだ!園の先生も知りませんでした。)

 

などなど。長島先生はときどきよーく考えながら、子どもらしい質問に答えてくださいました。

2018年10月22日

航空写真撮影

2階のベランダから、ハイぱちり。

10月10日に飛行機からの園舎の航空撮影、10月19日(金)には併せて全園児撮影をしました。2階からひまわり空撮のフォトグラファーがカメラをかまえ、実習生さんにシャッターを押すときにお人形を跳び出させてもらって注目させ、なんとか終了。0歳児から5歳児まで全員が良いお顔で撮れることはほぼキセキ。提案にはなるべくたくさんいいお顔で撮れている写真を選んでいただくことにしました。

 

空撮というと、高額でとても手がでないと思っていましたが、今回近隣の学校数校と同時に行えたため、現像料のみで撮ってもらえることになりました。ラッキー!

 

見本となる他園の航空写真を見せたときの、きりん組の反応。「これ、どこの幼稚園?上からみるとこんなふうなんだね。」「おれんち、見えるかなあ」。自分の過ごしているところを俯瞰するというのはおそらく園児は初めての経験。感動が喚起され、知的好奇心を刺激されることでしょう。地図もイメージしやすくなりますね。数年に一度くらいは行いたいものです。

 

2L版なら数百円で購入できるそうです。どうぞ買っていただき、お子さんとお話しながらいろいろな発見をしてください。

2018年10月22日

運動会後の運動会遊び

10月6日(土)は暑すぎないちょうどよいお天気で、運動会が開催されました。みんな、練習通りの実力を出せ、感動の連続でした。

昨年とは一味ちがう年中うさぎ組の入場行進。 恒例、保護者競技むかで競争。バトン代わりの被り物がキュート。ヤーっ!の声の一瞬前を向く。慎重に。

 

 

さて、運動会が明けて、10月11日(木)は雨。外で遊べません。しかし、運動会の共通の経験を活かし、年中うさぎ組と年長きりん組で、大いに遊びが盛り上がったので紹介します。

 

雨が降っていたので、S君が運動会の遊戯で踊ったU.S.A.を室内で踊りたくなり、音楽をかけてくれるように先生に頼みました。きりん組担任の千明先生は、U.S.A.がかかるとうさぎ組が遠くから観ながら踊っていたと担任岩瀬先生に聞いていたので、「うさぎ組さんを誘ってみたら」と提案。今までは、入りたくても入れなかったきりん組の部屋に呼ばれて、うさぎ組は大喜び。(実際は入っていいのですが、子どもなりに空気を読み、入り口に行ってはちょっとアピールして逃げての繰り返しをしていました。)S君の後に続いて、ほとんどの子どもたちがきりん組の保育室に入っていきました。

U.S.A.とパプリカ。手前がきりん組。U.S.A.、ノリノリ。もちろん手前にきりん組のお手本があります。

 

先生はきりん組。うさぎは見て真似て踊ります。さて、組体操もしたいとの声があがり、跳び箱、数人ずつ組んで作る形も音楽に合わせて行いました。ここは合図で順番に出ていくんだよ、ときりんティーチャー立派です。保育者は危なくないように見守りながら、合図を出しました。

 

組体操のスタートは跳び箱。一段ですが、イメージを形にするにはぴったり。意外にできるうさぎ組を見て、きりん組から感嘆の声があがる。ムリのないように。一番上がうさぎ組。小柄な人が上。よくわかってる。

 

この遊びは楽しかったようで、翌12日も続きました。ところどころ混ざる人や、みんなが踊る音楽を聴きながら鼻歌交じりに好きな遊びをする人もいて、みんなで運動会の余韻を楽しみました。

 

楽しそう、すごいと憧れの眼で見ていた年長きりん組の遊戯・演技を、教えてもらってできて念願叶った年中うさぎ組。たくさん楽しんで、一生懸命練習して、高い目標に向かってやってきたことを、年下の園児に教えてあらためて自分のやりとげたことを振り返った年長きりん組。なんて嬉しい時間だったことでしょう。

2018年10月18日

2歳児の写生会

10月18日(水)は、幼稚園の写生会でした。

 

写生は「景色や事物のありさまを見たままに写し取ること」で、「観察画」であります。のびのび幼稚園は長年「芸術の秋」である10月に写生会を行っています。

 

今年、にじ組の担任の久保田先生から相談を受けました。2歳児は、やっと円を描くことができるようになってきた時期。子どもたちの描く力に合わせて、りんごを描きたいと。

 

3歳以上児は、園で飼っているうさぎ、にわとり、ミニチュアホースを描きます。2歳児以下に観察画は難しいということで、昨年まではうさぎに親しんだ後、先生が描いたうさぎ型の枠にタンポでぽんぽんと色を付け、ふわふわした感じを出して完成、としていました。

 

2歳児は、錯画期から象徴期に移る時期。手と目を使って偶然に出来上がった形に意味をつけていく時期で、見て形を描かせるのには無理があります。子どもの描けるマルをりんごに見立てて、色や模様に気づかせていくというのはとてもいいということで、さっそく取り組んでみました。

まるいはりんご。

んん~、いい匂い。つぎぼくね。ぐるぐるぐーる。あっ、りんごができた。

色をよく見たら、ただの赤じゃなくて、黄色もあることに気づき、思い思いのところに黄色を塗りました。そして、てんてんがあったので、てんてんてんと描きました。思い通りのありのままが描けたので、2歳児にじ組大満足です。これぞ、2歳児の写生会でした。 描けたよ。わあ、じょうずだね。りんごだ!みんな上手だね。おいしそう。 おやつにそのりんごをむいてもらい、みんな笑顔で食べていましたよ。

2018年10月1日

運動会練習佳境

ん?初めてのゴールテープ。

運動会練習が佳境です。これは、きりん組のリレーのゴールの様子。

 

リードを続けていた赤チームのアンカーが、ゴール直前で初めてのゴールテープにとまどって失速し、青チームに抜かれた瞬間です。青チームは大喜び、赤チームはがっくり。

 

こうした経験も練習ならでは。最後まで走りぬくこと、負けていてもあきらめないこと、みんなが少しづつ早く走れば勝てることなどを学んでいます。

 

毎回ちがうドラマがあって、目が離せません。 当日をお楽しみに。保護者の方は、写真館もご覧ください。予行の様子を載せています。

2018年10月1日

9/21園十五夜

窓ガラスの飾りが、まるでお月見団子のよう。 クリのイガ、近くでみてみましょう。

9月21日、園の十五夜を行いました。本当の十五夜は祝日振休の9月24日。当日は残念ながら曇りでお月さまはあまりよく見えませんでしたね。

 

子どもたちには、おまる(月見団子)が一人一つ配られました。お団子を月に見立て、聖なる月に収穫を感謝するお祭りです。日本の伝統行事、語り継がれる願いや思いは子どもたちに伝えていきたいものです。

2018年10月1日

ティッシュは大切に

ティッシュは何でできているか。

9/14のことです。給食の時、R君がティッシュボックスからシュッ、シュッと5枚ほどティッシュを取り、ちょっと鼻を拭いてどさっとゴミ箱に捨てたたのです。

 

それを見ていた根本主任。きりんぐみ全員にお話です。 ティッシュは木でできていること、木が育つには長い時間がかかること、一枚でも二回折って鼻も口もきれいに拭けること、ものを大事にしようと。

 

こうした意識づけは、大人の姿勢によるところが大きいです。 きりん組のみなさん、お家でのティッシュの使い方は変わったかな。幼稚園では、みんな上手に一枚で拭けるようになりましたよ。

2018年10月1日

9月の遊びの様子

まず、9月7日。

 

ごはん作ってるの。

砂場に新しくできた水道で、思い切り泥水遊び。毎日のように温泉ごっこ、ご飯づくりが展開されています。砂と水の感触を思い切り味わうこと、自分の生活の中の体験をイメージして形にすることに夢中です。汚れるのがだめとか片付けるのがたいへんで水遊びをこの時期NGにするのはもったいない。

 

CIMG3204

そして、ブランコ。基本的な「順番を守る」こと、小さいお友達が乗るのを手伝ってあげること、そして思い切りこぎ平衡感覚を養うこと。子どもたちが夢中になる遊びには、わけがあるんですね。

 

かえる、みつけた。 虫取りが大盛り上がり。Hくんはかえるをみつけましたよ。かえるは何をたべるんだろうねえ。これだと空気がなくなってかわいそうだよ、どうしたらいい?みんなで相談して、図鑑でも調べます。(エサの虫を取り続けるの難しいので、逃がすことに……。)

 

これは9月27日。雨の日の室内遊び。ゴミ?

秘密基地。

いいえ、秘密基地です。ハウルの城もこんな発想から生まれたのかも。

防犯カメラ。

防犯カメラがたくさんついていて、危険を知らせるんだそうです。

はちが悪を攻撃。

悪い人が近づいたら、この箱から蜂が出てきて攻撃するそうです。おもしろい~。 へえ、すごい。おもしろい。

友達が集まってきて口々に品評。おれも作りたい。

 

こうした自由な発想を制限されず、十分楽しみ発展させていく。学ぶ姿勢の土台となるものです。