認定こども園 のびのび幼稚園

ブログ

2015年12月11日

生活発表会が催されました

12月4日(金)生活発表会が催されました。中でも、きりん組の劇は一味違います。 現在の幼児教育の課題として、協同して遊べる子どもを育てる必要性が謳われています。(共同ではありません。)協同とは、「単に友達や集団の動きに同調するのではなく、互いに自分の思いを主張し、ぶつかり合いながらも一つの活動に向かう姿」で、教師が教えることを忠実に行うだけでは身につかないものです。劇を作り上げる過程が、この協同です。 今年のきりん組の劇は、有名な「白雪姫」でしたが、ストーリーを共有した後、たっぷり劇遊びをしました。その中で、役を変えたりセリフを考えたりしながらアイデアを出し合い、世界に一つの劇を作り上げたのです。最終的な配役の話し合いもけっこう揉めたとか。けれど自分の順番+セリフでのみ覚えている場合と、劇全体を理解して参加しているのとでは、子どもの動きが違います。舞台で役を演じている子以外にも、裏方となって準備する子どももいました。 ある保護者から、「やらされ感が全くない劇」とお褒めをいただき、うれしかったです。 きりん劇

2015年11月12日

サファリパークへ遠足

11月6日は快晴でとても気持ちのいい日でした。群馬サファリパークでは、大型観光バスに乗ったまま動物を観察しました。間近を横切るらくだに子どもたちの目は真ん丸に!ライオンの肉球の大きさは圧巻です。午後はミニ遊園地で遊んだ人が多かったようです。世界遺産登録された富岡製糸場の観光コースだと聞き混雑を心配しましたが、それほどでもなく、距離的にもちょうどよい最適な遠足プランでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

2015年11月11日

敬老お楽しみ会♪

11月2日、おじいちゃん、おばあちゃんを招いて敬老お楽しみ会を開きました。10年ほど前までの敬老お楽しみ会は、遊戯室で園児の歌や合奏をお見せして、祖父母の方だけで敬老メニューの給食を食べていただく内容でした。これには理由があって、園児が200人以上いたころは生活発表会の会場に全員が入れきれず、祖父母の方に遠慮いただかなくてはならなかったため、特別敬老プログラムでお招きしたわけです。新制度になり、認定こども園のびのび幼稚園は定員110名。敬老お楽しみ会は、園児とおじいちゃん・おばあちゃんがふれあい、親しみを深める形に変わりました。真剣にいっしょに伝承遊びをしてくださり、ありがとうございました。給食も園児といっしょに食べていただき、うれしそうな子どもたちの笑顔を見ることができて、とても楽しい会でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2015年10月20日

10/20さつまいも掘り

さわやかな秋晴れの中、さつまいも掘りを行いました。今年は苗そのものが不作な上、7、8月の猛暑で枯れてしまった苗もあり心配しましたが、一人一本以上お土産に持ち帰れるくらいの収穫がありました。5月の苗植え、夏の水やり、秋が深まりつるが伸びた様子を観察して、楽しみに今日を迎えました。その日のうちに給食で食べることもでき、いもほりだけが単独にあるのではなく、子どもの生活と密接につながった食育となりました。(保護者の方は、のびのびギャラリーもご覧ください。いい写真載せています♪)

2015年10月20日

10/17清掃工場のイベントにダンス教室が参加

のびのび幼稚園には課外の教室がいくつかあり、小学生になっても続けられます。ダンス教室の幼児さん・小学生、そして教室を卒業した中学生が、新里清掃工場の施設公開のイベントに呼ばれ、ダンスを披露しました。朝雨が降っていて、お客さんが来ないかと心配しましたが、何と踊っている間に雨が上がり、お客さんもどんどん増えてきました。施設の方が設置してくれた高性能の音響設備に乗って明るい音楽がひびき渡り、気持ちよく踊ることができましたよ。小学生は、キノピーに会えて大喜び!キノピーもダンス教室の子どもたちが踊っているとき、観客席の横でリズムをとって応援してくれていました。

上段右の写真、亀山桐生市長が後ろから観てくれているのが映っています。注目!

2015年10月20日

スポーツ教室もすごいぞ!

ダンス教室だけではありません。課外のスポーツ教室の卒園生も長く続けてくれています。長縄跳びは小学校の一大行事、この通り楽しそうに練習しています。きっとこの教室で腕(脚?)を磨いた子がクラスを勝利に導いてくれることでしょう。今、年上のガキ大将が遊びを教えてくれる場がなくなりました。幼児体育連盟のスポーツ教室では、コーチがガキ大将に変わり、一緒になって真剣に鬼ごっこや缶蹴り、そしてこの縄跳びなどをしてくれます。そして、すごいでしょ。高学年になると、跳び箱で大技を決めています。びっくりして撮影してしまいました。あの小さかった子たちが・・・涙!(教頭)

2015年9月14日

晴天の中、運動会の練習が始まりました

雨があがり、園庭での運動会練習が始まっています。小さい組は、①並ぶ②かけっこのポーズをとる③合図を聞いて走りだす④ゴールを目指して走りきることから覚えていきます。合図を聞いて走り出す・・・この大人にとってかんたんそうなことが、経験がない1歳児、2歳児さんにはむずかしいものです。そして、合図に合わせてスタートすることができるようになると、タイミングを合わす気持ちよさに目覚め、楽しくてたまらなくなります。そうすると、フライングをしてしまったりして、毎日ほほえましい光景が繰り広げられます。小さい組のかけっこは、お母さんめがけてはしります。先生でも、こんなうれしそうな表情をみせてくれますから、本番はどうなるでしょうね。ご家族の方、シャッターチャンスをお見逃しなく! 保護者の方はのびのびギャラリーもご覧ください。きりんぐみも奮闘中。様子は、後程ご報告いたします。

2015年8月29日

27年度ブログ更新!お泊まり保育

ご無沙汰しておりました。教頭の須田です。27年度初ののびのびブログの更新です。1学期中何をしていたかというと、子ども子育て支援新制度にかかわる様々な変更への対応、同時に30年前の基準で作った就業規則の改定。また、28年度発足予定の児童発達支援事業の準備などなど。今年度いっぱいはあわだたしくなりそうです。 それにしても間が空き過ぎで、園の様子を写真で見るのを楽しみにしている保護者の方に、お叱りをうけてしまいました。まずは、7/23・24のお泊まり保育の様子をUPして、時間は前後しますが、1学期の様子を2学期の様子と交えて少しずつペースを上げて報告していきます。 さて、恒例のお泊まり保育です。のびのび幼稚園は保育室に宿泊します。お天気が心配されましたが、恒例の親水公園の水遊びも園庭でのキャンプファイヤーも無事行えました。体調を崩す子どももなく、楽しい一泊二日でした。お父さん・お母さんと離れての外泊は初めてのお子さんもいますが、閉講式では自信に満ちた顔つきになります。「不安」が、「大丈夫だった」に変わると子どもはぐっと成長します。今年もよいお泊まり保育になりました。

保護者の方はのびのびギャラリーもご覧ください。(27年度のパスワードは保護者の方のみにお知らせしています)

2015年3月9日

じゃがいも植え

恒例じゃがいも植えです。3/5、うさぎ組とひよこ組は手をつないでいきました。ただ植えるのではなく、種イモが成長してイモが生り食べるまでのイメージを描けるような事前・事後指導をしています。これが食べられるようになるのは、みんながもう一つ上の学年になってからなんだって。どんなふうになっていくか時々見にこようね。

2015年3月9日

卒園生を祝う会

3/2、卒園生を祝う会が行われました。卒園を目前に堂々とした態度で臨むきりん組。バトンを渡されるうさぎ組もたいへん立派でした。学年の出し物やかくし芸を披露して楽しんだあと、小さい組からプレゼントがきりん組全員に渡されました。今の時期はこうした行事を一つ一つ重ねながら、成長の自覚と年長者の責任をかみしめていきます。「大きくなること」は子供の憧れであり喜びなのです。(かくし芸の様子を詳しくのびのびギャラリーに載せてあります。保護者の方はご覧ください。)