のびのびこども園

写真館
  • プール
  • 園庭
  • 太鼓の練習
のびのび広場をお休みします

広場しばらくお休みです

のびのび広場にいつもきてくださるみなさん、あけましておめでとうございます。

 

社会経済活動に向けた群馬県のガイドラインが警戒度4のため、のびのび広場はしばらくお休みします。再開になりましたらお知らせしますので、また遊びにきてくださいね。

 

1月23日(土)の新入園児面接・健康診断は予定通り通り行います。密にならないように一人ずつ時間を決めます。通知をお送りしますのでその時間においでください。

 

出かけられるところが少なくて、みなさんご苦労されていることでしょうね。温かくなるころには状況が快方に向かうでしょうか。まめに手洗い、うがいをしましょう。危険行動を避けて、十分お気をつけてお過ごしください。

14頭の猫に不妊手術をしました

姉妹猫 そっくり!

 

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 

TNR(Trap捕まえて,Neuter手術して,Return戻す)の報告です。のびのびこども園は、殺処分ゼロを目指す公益財団法人どうぶつ基金の協働ボランティアです。どうぶつ基金が発行する「さくらねこTNR無料不妊手術チケット」を利用してTNRを行っており、チケットを使用して行った不妊手術費用については全額どうぶつ基金の負担のため、園の持ち出しは少しですみます。

 

8月24日に活動開始をお知らせしましたが、その後毎月数頭ずつ捕獲し、1月5日現在合計14匹を不妊手術してもとの場所にもどしました。みんな元気でいます。園の物置の横の空き地で時々エサを与え、糞の始末も行うようにしたところ、園内での粗相(そそう)が格段に減りました。子猫がどんどん生まれない安心もあり、方向が見えてきた感があります。

 

まだ数匹手術していないねらいの猫がいます。上の写真。手前が手術済みのさくらねこ、通称はんにゃちゃん。その後ろにいるのが、姉妹のしろガリちゃん。この子がどうもメスなので、放っておくと春に子を産んでしまいそうです。でも警戒心が強くてなかなか捕まりません…。あと、大きなオスのぶち猫くん。春先の繁殖期に向けて活動に取り組んでいきます。

 

どうぶつ基金について知りたい方は、教頭までお声かけください。無料不妊チケット取得の方法、手術してくれる病院などをお知らせします。

 

公益財団法人どうぶつ基金HP https://www.doubutukikin.or.jp/kifu/

 

 

群馬県警戒度4について桐生市長よりメッセージが届いています

新型コロナウィルス感染の状況をふまえ、「群馬県社会経済活動再開に向けたガイドライン」で定める警戒度が、令和2年12月19日「3」から「4」に引き上げられました。みなさま十分ご注意の上、年末年始をお過ごしください。

 

荒木桐生市長より通知が届いております。お読みください。

12月22日市長より保護者宛ての通知

生活発表会 園長あいさつ

きりん組の劇「うらしまたろう」

 

日頃より、園運営にご理解ご協力いただき誠にありがとうございます。

 

新型コロナウィルス感染拡大を防ぐため、行事にさまざまな制限がある今年度ですが、子どもたちの健やかな育ちは保障しなくてはなりません。園では、感染防止対策を行いながら可能な限り普段通りの生活を行ってきました。今年度も子ども主体で取り組み、発達の様子がわかるように演目を組んだ生活発表会を開催します。

 

ひよこ組、うさぎ組、きりん組の劇は、長い時間をかけてお話を楽しみ、遊びの中に取り入れながら自分たちのものにしてきました。はと組、たまご組、にじ組、おひさま組も、遊びや身に付けてきたことが構成された楽しい舞台に仕上がっています。合奏や歌は、子どもたちが年ごとに段階を追って成長して行く様子がおわかりいただけると思います。

 

この発表会を通じて、子どもたちがいかに日々を楽しみ、充実した生活の中成長しているのかを感じ取っていただければ幸いです。応援よろしくお願いします。

 

園長 須田 征洋

 

令和2年生活発表会プログラム