のびのびこども園

ブログ

2024年1月26日

初めて子どもだけで道路を歩く


この冬一番の寒気が空を覆った1月25日、新里東小の周りで「園外歩行練習」を行いました。

毎年この行事は寒いのですが、今年は風が強く気温5度の寒さで、通園バスで待機して二人ペアで順番に公道を歩きました。

子どもだけで公道を歩くのが初めての子どもがほとんど。もちろん、そうでしょう。


押しボタン式信号機を押して…

青になったらわたっていいのですが、怖くて渡れない。
あらあら、赤になっちゃった。

だって、おまわりさんが右、左、右って見て車が来なかったら渡るんだよっていったからよく見てたんだよ。


宿の交差点もそう。右折車が気になると止まってくれても渡れない。

今回のねらいは「緊張をもって公道を歩く」ことです。タイミングよく信号を渡れなくても大丈夫。一朝一夕で身に着くものではありません。
警察官、交通ヘルパーさん、交通指導員さんの見守る中、歩きます。


新里東小周辺はわりと交通量が多いです。でも、進学したら、子どもだけで歩いて通学するのです。


トラックの横を通るときも気を付けて。車が飛び出てくるかもしれないんだよ。


最後に総評をいただきました。みんな右側通行、車の確認、落ち着いて歩く、よくできました。

登校は、登校班による集団登校を実施している学校も多く、上級生が連れていってくれますが、下校は、1週間もすると1年生だけで帰宅することになります。保護者の方はぜひ、お子さんと一緒に学校まで歩いて危険個所や体力的にどのくらいたいへんかをご確認ください。

ある子どもが「楽しかった」と。イヤイヤ、今日の怖さを忘れないでね。どうかみんな、安全に通学できますように。