のびのびこども園

ブログ

2023年11月8日

お箸教室withまちこ先生



10月末はお箸教室の季節 園の先生OG真智子先生の登場です

真智子先生は、開園以来35年在勤され主任も長くお勤めになった方です。保護者の方の中にも担任をしてもらった方がいることでしょう

真智子先生がおっしゃるに「私の保育は昭和だから」 でも、こどもを引き付ける話術は時代に関係ないことを証明しています。一人ひとりの気持ちを一瞬でとらえ、独特のテンポとお得意のジョークで教室を進めます

調理に使う食具を一通り見せた後、お箸の登場。使ってみようと声をかけます



ひよこ組はこの日をきっかけに、給食でスプーン・フォークからお箸に切り替えます。まだまだ練習中。でも使うことで上手になるんだよ。先生が声をかけて少しずつ指を整えます。これからもお箸を使っていこうね

次うさぎ組のお姉さん。ボーロをとる練習だけじゃつまらない。食べてみましょう。はい、どうぞ

みんなひよこの時より上手になっていますね

きりん組はいくつ取ればいいかしら 7個ね
数の勉強も入ります。




集中してボーロを移動します
ごほうびにぱくっ


今年も出ました決めゼリフ「あたりまえだ、のボーロ」 昭和時代から保育している先生のみウケます

経験を増やすため、お箸を使うことに楽しい記憶を加えるため、お箸リレーの提案です
さあ、作戦会議をしましょう

どうしたら勝てるかしら ねえ先生隣のチームに作戦を教えちゃダメだよ


よーい、スタート! 今度はのんびりしていちゃ負けちゃうよ、がんばれw

きりん組のお箸の使い方の上手さは、今日の給食のページ10月24,25日で見られます。合わせてご覧くださいね。

今日はお箸に関心を持つきっかけの日。ひよこ組のあるお子さんで、お家でも使いたくなって一生懸命おかずをつまもうとしているという話を聞きました。箸は教えてもらったその日のうちに覚えてすぐに上手になるわけではありません。お家でも持ち方を見てあげて、うまくできたらほめて、ちがっていたらアドバイスしてあげてくださいね。繰り返しで上手になっていきます。