認定こども園 のびのび幼稚園

ブログ

2020年3月17日

これ、どうしたらいいの?(保護者の叫び)

つるつるの感触が気持ちいい

廃材製作に情熱を傾けているうさぎ組。毎日、こうした↑を持ち返っています。お家の人の嘆きが聞こえるよう。すみません。

 

?段ボールのごみの日はいつ?

これなんか、まるでゴミの山。捨てたくなる気持ち、わかります。ところが、

 

マイルームがあるのだ。

ぺら、と屋根をめくると、ちゃんと部屋があり、

 

時間をかけてていねいに塗ったのだ。

丁寧にマーカーで色を塗った紙コップは車のライトのイメージ。ボタンもあります。

 

攻撃もできる?!

暗い部屋から外をながめ、観察したり、攻撃したりもできるそうです。

 

2階の広いスペースはぼくらの夢の基地。

友達とイメージを共有し、いろんなアイデアを実現していきます。

 

持ってて。そこ、貼るから。

子どもの頃、友達と自分たちの基地を作って、すごく満足した記憶はありませんか。

 

素材の特徴、道具(はさみ、段ボールカッター、ガムテープ、セロテープなど)の使い方をこうして体で覚え、来年の作品展では、子どもならではの迫力のある作品をお見せすることができるでしょう。

 

 

そして、廃材製作作品の捨て方です。

 

基本的に、作っている過程に意味があるので出来上がったら捨ててかまいませんが、コツがあります。まずは、持ち返った作品に思い入れがあるようなら、お子さんに説明させて一緒に楽しんでください。ほれぼれと眺めるようであればしばらく目に付くところに飾りいっしょに眺めてあげてください。

 

そして、子どもは成長する生き物ですから、他の物に興味が移り気持ちが薄まる時が必ずきます。そのタイミングで本人がいないときにこっそり捨てれば、トラブルになることはまずありません。

 

家に持ち帰ったとたん忘れているようであれば、寝ている時間に捨ててくだされば、大丈夫です。

 

迫力満点、隠れることもできるワニ

力作。どうしても持ち返れないなら、20歳までは園でお預かりしますよ^^