認定こども園 のびのび幼稚園

ブログ

2019年5月21日

初めてのファンレター💛

お手紙渡せた^^

 

5月20日にポチっとくん体操の撮影があったことは「お知らせ」にも載せましたが、今回のブログはうさぎ組のレポートです。

 

ポチっとくんが来ることは4月から知らせ、この日を楽しみにしてきた4歳児うさぎ組。ポチっとくんにあげようと、お家で似顔絵を描いてお手紙にしてきたお子さんがいました。大切にポケットにしまい、ポチっとくん登場のとたん、広げて遠くから一生懸命見せていました。

 

この写真は、体操の映像撮影の後のクラス記念撮影で、直接お手紙を渡しているところです。嬉しそう💛

 

現在、手紙で気持ちを伝えることは少なくなっています。大人になると、ツイッター、メールやラインで文章や短い言葉を送ることがほとんどでしょう。だからこそ、絵や文字が気持ちを表すことができ、伝えることができたという幼児期ならでは体験は貴重なものです。

 

絵や文字は、実はすごいです。話す言葉はその場で消えてしまいますが、紙にかけば、気持ちや感動を残る形で表すことができます。文字を操れるようになるまでに、幼児は身近なものとかかわって感性が育ち、身近な人と気持ちが通じ合う経験をしていきます。その土台の上に、絵・ことば・文字という道具を得て、頭の中のことを外に向かって伝えられるようになっていくのです。書いて(描いて)伝えられたという喜びを経験した子どもは表現の力を知り、また書いてみようと思うことでしょう。

 

幼児期に必要なのは、文字をたくさん正確に書けるようにすることではなく、こうした「伝えられる実感」を育むことではないかと思うのです。

 

そうはいえ、手紙をかくのは、4歳児にとって高度。まず、伝えたい気持ちを大切に育みたいと思います。ファンレターかきたいな、その環境づくりをしていきますね。

 

今、ユーチューバーになりたいという子どもがとても多いそうですね。目立ってなんとなくかっこよさそう…ではなく、表現したいことが核にあって、伝わる喜びを知っている、そういう人物が人の心を動かせるコンテンツを作れるのではないでしょうか。卒園生に魅力的なユーチューバーが現れることを願います^^。

ぽちっとくんかわいい。さわりたい💛 ポチっとくんとうさぎ組集合写真