認定こども園 のびのび幼稚園

ブログ

2018年10月25日

引き渡し訓練

10月24日(水)大きな地震が起きた想定で、子どもの引き渡し訓練を行いました。お仕事の休憩時間を調整していただいたり、おじいちゃん・おばあちゃんにお願いしていただいたり、ご協力ありがとうございます。また、新里東小の学校行事と重なってしまい、保護者の方には泡立たしい思いをさせてしまいました。申し訳なかったです。

 

平成23年の東日本大震災から時が経ち、記憶が薄れつつありますが、全国で大きな地震は頻繁に起きています。群馬県でも、818年に弘仁地震と呼ばれる大きな地震があり、新里にも大久保断層という活断層があることが発掘調査で確認されています。大きな地震があったとき、「安全に」「確実に」「速やかに」子どもを保護者に引き渡せるか、園にとっては大切な訓練です。

 

お疲れ様です。ご協力ありがとうございます。

 

駐車場には本当の地震の時は係をおけないかもしれないので、保護者にお任せして駐車していただきましたが、スムーズでした。

ゆずりあい、速やかに出入りしていただきました。のびのびは保護者がいい(T^T)

 

「引き渡し訓練」メールを受信してから園まで迎えに来るという手順なので、遠い方は少し時間がかかります。子どもを励ましながら、お迎えを待ちます。

ぼくのママ、まだ?大丈夫、きっと迎えに来てくれるよ。

 

確認記録は大切です。

 

誰が何時に迎えに来たか、知らない人であれば引き渡しカードがあったか、メール受信の確認返信があったか、いざというときに保護者と連絡がとれる体制にあるか、ポイントをチェックしていきます。

 

今年は、スポーツクラブの曜日と重なって、引き渡し後クラブに参加するお子さんが多く、落ち着かなくなってしまいました。本来は、家に着くまでが避難訓練。帰る時に、ここは危ないかもしれない、安全に回り道はあるだろうかなどど考えながら、お子さんとお話して帰っていただきたかったのですが、叶いませんでした。何かの機会にご家庭でしていただけるとありがたいです。来年は日程を組む時、気を付けます。